宇城はやひろ『みことの一手!』

 

 

みことの一手!

 

作者:宇城はやひろ

発行:芳文社 2015年

レーベル:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

女子高生がセーラー服で囲碁に興ずる、1巻完結の4コマ漫画。

負けて泣いてるメガネが、タイトルロールの「楠みこと」。

 

 

 

 

「鷺宮蛍(さぎのみや けい)」は、みことのライバルで幼稚園以来の親友。

八段格の実力をもつ、無敵の高校チャンピオンだ。

言動は天衣無縫。

 

 

 

 

新入部員の「白河文香」。

その正体は、囲碁部を和室から追放するため送りこまれた、茶道部のスパイ。

襖ごしに「殺す」「殺される」と声がきこえる。

「囲んで相手の石をとる」とゆう意味だが、しらないと怖い。

 

 

 

 

初心者の文香は大会では応援役をつとめ、棋譜を採ったりする。

いつのまに「○☓ゲーム」になったけど。

 

 

 

 

三大難解定石のひとつに数えられる「村正の妖刀」

つかい方をあやまれば、己も傷をおうことから名づけられた。

中二病的ネーミングがいい。

 

 

 

 

なぜJKに囲碁をさせるのか。

神崎かるな/黒神遊夜『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』にも通ずる、

「日常と地続きのゴシック的世界観」を表現する意図があるのでは。

 

 

 

 

もうひとりの部員「早河葵」は、「攻め」も「受け」もいけるオールラウンダー。

どっちかって言うと、カップリング的な意味で。

 

カップリングは「親和力」と換言できる。

キャラとキャラの引き合う力を軸に物語を構成する、10年代のパラダイムだ。

敵味方や勝敗をこえた乙女らの愛は、メタフィジカルな百合の神髄。

 

 

 

 

白黒の石がおりなす盤上の小宇宙にうかぶ、モノクロームのゴシック世界。

五目ならべと区別つかなくたって、よむしかない。




みことの一手! (まんがタイムKRコミックス)みことの一手! (まんがタイムKRコミックス)
(2015/01/27)
宇城はやひろ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  神崎かるな&黒神遊夜  きらら系コミック  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03