横山知生『漫専魔王少女エナ様』

 

 

漫専魔王少女エナ様

 

作者:横山知生

掲載誌:『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)2014年-

単行本:ガンガンコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

マンガ専門学校の男子トイレに突然、ファンタジー風衣装の女子があらわれる。

彼女の名は「エナ」。

異世界「グレンガルド」をすべる魔王で、退屈しのぎに人間界を征服しにきた。

手はじめに主人公を一撃で殺す。

 

 

 

 

主人公「杉谷健斗」は漫専にかよう生徒。

クラスメイトとくらべても才能とぼしく、寸評会でボロクソに言われたり。

 

 

 

 

だがエナ様は、トイレの床にちらばる作品に感動した。

「バナナの皮ですべってころぶ」とか、異世界では斬新なギャグ。

おのれの血をわけ、健斗をよみがえらせる。

 

 

 

 

ただ「つづきを描け」と言われても、利き腕が消滅したので無理。

漫専で勉強し、自分で描いたらとすすめる。

プライドたかいエナ様は拒絶するが、けっきょく好奇心がまさる。

 

腕をふっ飛ばされたのに、あんがい冷静に交渉する主人公がおもしろい。

 

 

 

 

ひとまづ世界征服は撤回、一生徒として漫専に入学。

人体デッサンのモデルなどもノリノリでつとめる。

スタイルに自信あるらしく、ボーダーのニーソもすてき。

 

 

 

 

健斗の下宿での同居生活もはじまる。

ここでもエナ様は漫画に夢中だが、たまに魔力が発動するのでおどろく。

 

横山知生の前作は、女子小学生がエロ本屋ではたらく『私のおウチはHON屋さん』。

ひねりのきいた舞台設定が得意らしい。

 

 

 

 

漫専の日常もえがかれる。

「安倍さん」がおっぱいを触らせてくれたのは、

「どこが豊満だよ!」とツッコませるための、体をはったネタ振り。

漫画家の卵たちは、なにげない会話でセンスをみがく。

 

作者は「宇都宮アート&スポーツ専門学校」の卒業生。

じっさい胸を触らせる女の子がいるかはともかく、独特の空気がでている。

 

 

 

 

あえてエナ様を分類するなら「ツンデレ」で、ベタな萌えを提供。

その一方で、漫画などの文化は武力よりずっとすばらしいとゆう、

「ペンは剣よりも強し」的な主題もよみとりたい。

 

 

 

 

人の命を屁ともおもわない傲岸不遜ヒロインとも、通じあえる。

ファンタジーとリアルが交錯する漫画ならではの魔力。




漫専魔王少女エナ様(1) (ガンガンコミックス)漫専魔王少女エナ様(1) (ガンガンコミックス)
(2015/01/22)
横山知生

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03