師走冬子『墨たんですよ!』

 

 

墨たんですよ!

 

作者:師走冬子

掲載誌:『主任がゆく!スペシャル』(ぶんか社)2012年-

単行本:ぶんか社コミックス

 

 

 

ヴェテランの4コマ漫画家が、飼っている黒猫の「墨たん」を、

ゴスロリ美少女に擬人化しておくる、一種のコミックエッセイ。

 

 

 

 

遊ぶのがだいすきな墨たんだが、気分がのらないと無視。

飼い主が悲しそうなので、あからさまに義理でつきあったり。

 

ネコの気まぐれな習性は、「クーデレ女子」として描くとぴったりハマる。

 

 

 

 

作者の度をこす親バカぶりが読みどころ。

足に血がついてるので大騒ぎしたら、自分が引っかかれ出血してたとか。

 

 

 

 

しつけに失敗した墨たんは、兇暴なネコに成長。

お客さんの腕にも容赦なく咬みつく。

飼い主なんて傷だらけで、リストカット癖を心配されるほど。

 

 

 

 

作者は甘やかしてる自覚はない。

だって、ネコはワガママな方がかわいいから。

無理やり型に嵌めなくていい。

 

 

 

 

つぶらな瞳の墨たんを叱るなんてできない。

激痛や大量出血より、いとしさがまさる。

愛情そのものがはらむ喜劇性がリアルだ。

 

 

 

 

墨たんは四六時中暴力的ではない。

飼い主の作業が切羽つまると、「空気を読んで」ジャマしてくる。

ピリピリした緊迫感に反応するらしい。

 

 

 

 

血をながしながら漫画は描けないので、廊下に閉め出すことも。

ふたりが食べてくためとはいえ、胸はいたむ。

 

萌え4コマの第一線で15年闘いつづけた戦士と、

野性の本能を色濃くのこすハンターだからこそ通じる、うつくしい友情。

 

 

 

 

そんな深読みをしてもいいし、墨たんの一挙手一投足に萌えてもいいし、

ヒトみたいなネコとの関係をとおして、平凡な日常はきらめきだす。




墨たんですよ!  (1) (ぶんか社コミックス)墨たんですよ! (1) (ぶんか社コミックス)
(2015/01/14)
師走冬子

関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03