内乃秋也『湯河原くんは大山田男子高校でモテる方法を考えていたが』

 

 

湯河原くんは大山田男子高校でモテる方法を考えていたが

 

作者:内乃秋也

掲載サイト:『マンガボックス』(DeNA)2014年-

単行本:講談社コミックス マガジン

 

 

 

男子校にかよう湯河原くんが告白された。

すごくカワイイしうれしいけど、問題は相手が「男の娘」であること。

 

 

 

 

本作は、高校1年生「櫻田優くん」の可憐さを愛でるより、

思春期のリアルな恋愛模様をえがくのに力をいれる。

あえてモテない湯河原に、知り合いの女子を紹介したり。

 

 

 

 

合コンは大成功とおもったら、あとで自分の悪口をきかされる。

フリーをよそおってたが、参加者はみな彼氏持ちだったとも。

優の手のひらでころがされ、女への幻想をうちくだかれた。

 

 

 

 

それでもなお、湯河原は「普通のモテ」をおいもとめる。

そう仕向けられる。

自分が底辺のさらに底辺にいると思い知るだけだが。

 

 

 

 

女子との会話のコツまで優におそわる。

「全共感」を意識して話題をえらぶなど、読者としても勉強に。

 

 

 

 

ハーフの美少女とデートする湯河原。

穴をあけた新聞紙ごしに観察する優。

 

 

 

 

優が湯河原のモテを後押しするのは、最高の男になってほしいから。

女をしってこそ、男のよさがわかるから。

見ためは小奇麗だが、男を食い物にするのが本能の連中と、

自分はちがうってことを認識してもらえるから。

 

 

 

 

いや、外見だって女子にまさる。

贅肉のない、ちょっと骨ばった体つき。

ねぇ、ボクってキレイでしょ?

 

 

 

 

小悪魔とゆうか、肉食系とゆうか、ヤンデレとゆうか、

オソロシカワイイ男の娘の虜になる、ウツボカズラ的ラブコメ。




湯河原くんは大山田男子高校でモテる方法を考えていたが(1) (講談社コミックス)湯河原くんは大山田男子高校でモテる方法を考えていたが(1) (講談社コミックス)
(2015/01/09)
内乃秋也

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 男の娘 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03