缶乃『あの娘にキスと白百合を』2巻 恋する惑星

 

 

あの娘にキスと白百合を

 

作者:缶乃

掲載誌:『コミックアライブ』(メディアファクトリー/KADOKAWA)2014年-

単行本:MFコミックス アライブシリーズ

ためし読み/1巻の記事]

 

 

 

もし宇宙に「百合の魔法」が存在するなら、その第一の使い手は缶乃だろう。

卒業する先輩へのプレゼントは、自作プラネタリウム。

 

 

 

 

 

物理法則をねじまげ、乙女らは距離をちぢめる。

星空よりまぶしくきらめく。

 

 

 

 

「倉庫にとじこめられる」は、現実にありえないが学園モノの定番。

空間処理に特色ある缶乃も当然もちいる。

恋心に火をつけるのは、時間でなく空間だから。

 

 

 

 

新人作家なのに、大胆にも群像劇にいどむ本作の第2巻では、

ギャルっぽい中等部の「伊澄」が、年上ごのみの「デコ先輩」にちょっかいだす。

 

 

 

 

ふりかえるときの表情で、間柄の変化がわかる。

見返り美人の防御がゆるんでいる。

カップリングを特別視するイマドキの「関係性」の萌えに、作者ならではの「空間性」を加味。

 

 

 

 

ブーツのヒールをたからかに鳴らし突進。

オノマトペがふたりの距離感を演出する。

 

 

 

 

そして見開きのカタルシス。

自由自在なカメラワークから急にひろがるパースペクティヴ。

風景のなかに配置された感情が、次元をこえ炸裂。

 

てがける題材はともかく、缶乃は中山敦支や我孫子祐にちかい作家だ。

ペン先から火花とびちらせ、世界を描きかえるタイプだ。

 

 

 

 

題材的には、「女の子がだいすき」ってことにつきる。

百合漫画なのを割り引いても、とにかく本作は男の影がない。

匂わせすらしない。

社会の構成要素として、たとえば電信柱ほどの存在感すらない。

 

番外篇では「黒沢さん」の妹が登場、いきなり指をつきつけ、「白峰さん」に猫耳がはえる。

意味もなくドラマティックで、ただひたすらカワイイ。




あの娘にキスと白百合を 2 (コミックアライブ)あの娘にキスと白百合を 2 (コミックアライブ)
(2015/01/22)
缶乃

関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 缶乃    百合   
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03