最後の一滴まで ― 『アンダーカヴァー』

口論

アンダーカヴァー
We Own The Night

出演者:ホアキン・フェニックス マーク・ウォールバーグ ロバート・デュヴァル
監督:ジェームズ・グレイ
制作:アメリカ 二〇〇八年
[シネマックス千葉で鑑賞]



新年二日目に、年に一本あるかないかの傑作にであうと、
酔狂でかった福袋に、掘りだしものをみつけた気分。
一年の運をつかいはたしていないことをいのるが。
『リトル・オデッサ』(一九九四年)や
『裏切り者 (The Yards)』(二〇〇〇年)でしられる、
ジェームズ・グレイ監督作品。
オレはこのひとの映画は全部みている。
というと相当のファンみたいだが、
そもそも監督作がこのみっつしかない。
だれよりも寡作で、だれよりもおもく、くらく、希望がなく、
理不尽な暴力が突発する映画ばかりつくるひと。
あと、風景をきりとる技術にもふれなくては。

町

一九八八年のニューヨーク。
決して予算がありあまる制作現場ではないはずだが、
ルドルフ・ジュリアーニ市長に除菌されるまえの、
町のあぶない空気を丁寧に再現。

海

終幕で、警官がようやくつかまえたマフィアをかこむ。
明白にはえがかれないが、おそらくかれらは主人公がさったあと、
警官ごろしの復讐として処刑をおこなう。
それを風景にかたらせる、省略語法のこわさ。



配役がすばらしく、みなが経歴における最高水準の演技をみせる。
ホアキン・フェニックスは、警官一家から脱落したおとこで、
ロシア人マフィアとつながりのあるクラブをしきる。
てきぱきと仕事をこなすすがたがいなせだ。
だが家族がおそわれたことで、ふたつの世界のはざまで苦悩する。
かれはつばが席にまでとんできそうな熱演型の役者で、
個人的に得意ではないが、観客をひきこむ魅力のもちぬしなのはたしか。
兄役のマーク・ウォールバーグは、ニューヨーク市警の警部。
わかいころ、ボストン市警に何十回もおせわになった本物のワルに、
まじめな警察官をやらせるというひねりに感心。
これが予想以上にはまる。
共演者とは逆に、ゆるゆると役にちかづくひとだとおもうが、
一度気分がのると、その映画はウォールバーグの世界になる。
駄作もおおい気がするが。
ホアキンとの相性はよいらしく、『裏切り者』につづく共演。
ロバート・デュヴァルの起用は、
『ゴッドファーザー』への敬意の表しかたが露骨でちょっとしらける。
でも『ラッキー・ユー』でもよかったし、調子はよさそう。
七十七歳では現役にみえないけどね。
エヴァ・メンデスは、ホアキンの恋人役。
いちゃついてから体をはなすとき、
クッションでかるく身をまもるしぐさがかわいい。
とにかく演技指導に一瞬のゆるみもなく、
役者ずきにはこたえられない一品。



配役にこり、映像にこり、脚本にこる作家だから、
十五年の職歴で監督作がみっつだけなのも理解できる。
ルキノ・ヴィスコンティや黒澤明さながらの映像美と、骨太な世界観を、
現代の銀幕にうつそうとたくらむ野心はみあげたもの。
「古典映画」をつくりたいんだろうな。
奇特なひとだ。
あまりに目標がたかすぎて息ぎれし、
どれも陰鬱で愛嬌のない作品となる。
本国でも客がはいっているとは到底おもえない。

嵐
車での追跡場面のあと。

あらしのなかを、高速で逃走するときに襲撃される場面。
最後の、散弾銃をもち、せのたかい草をかきわけてすすむ場面。
本作は活劇としても手にあせをにぎらせる。
おもしろいんですよ。
関係ないが、ホアキンはつぎにグレイ作品にでたあと、
俳優を引退するらしい。

俳優としての仕事はこれが最後だ。
今後は音楽をやっていく。
もうやりつくした。おしまいだよ

『シネマトゥデイ』

三十四歳でなにをやりつくしたのかよくわからないが、
さすがは熱血俳優、つねにぎりぎりの覚悟で演じるのだろう。
チューブをしぼりあげるように、
作品に自分のすべてをそそぐひとびとの映画は、
洋の東西をとわずもっと評価されるべきだ。


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03