黒田いずま『美術館のなかのひとたち』

 

 

美術館のなかのひとたち

 

作者:黒田いずま

掲載誌:『月刊まんがくらぶ』『月刊まんがライフオリジナル』(竹書房)2012年-

単行本:バンブーコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

ちいさな美術館ではたらく学藝員をとりあげる、お仕事系4コマ。

質問がやけに難解だったり、就職面接もアーティスティック。

 

 

 

 

あたらしい休憩用の椅子を、10人中7人がアートと勘違いしたので、

館としても所蔵作品あつかいすることに。

お客さまは神さまだから。

 

 

 

 

作者のくわしい経歴は不明だが、「美術館あるあるネタ」は充実。

ボクも館内でボールペンをつかうのを注意されたことがあって、

「なかのひと」に迷惑かけたと反省しきり。

 

 

 

 

真夏の美術館で、女性職員が凍え死にそうにみえる理由もあきらかに。

熱と湿気は、作品保護の大敵。

 

 

 

 

地域の美術館へ平日にゆくと空いててよいけれど、

問題はクソガキ軍団に遭遇すること。

藝術がわかる年になるまで、砂いじりでもしてろってんだ。

 

 

 

 

暴徒鎮圧で大わらわの学藝員へ、急所をつく質問がとぶ。

「そもそも……げいじゅつってなんなの?」

漫画とゆう表現形式において、ロリっ娘は哲学的意味をになう。

 

 

 

 

ベタなお仕事系4コマなのに、現実ばなれした学藝員の仕事ぶり。

だって、日常を超越する敷居の高さこそが、藝術の本質なんだもん。

 

 

 

 

つまり本作は、藝術についての藝術。

「本についての本」を書いたボルヘスの小説にでてくる図書館みたいに、

迷宮と化した美術館のなかで、ひとびとはさまよいつづける。

 

 

 

 

いざゆかん、心のなかの迷宮へ!




美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
(2014/12/27)
黒田いずま

関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03