檜山大輔『戦場の魔法使い』2巻 バランス・オブ・パワー

 

 

戦場の魔法使い

 

作者:檜山大輔

掲載誌:『Comic REX』(一迅社)2014年-

単行本:REXコミックス

[1巻の記事はこちら

 

 

 

ミリタリーでファンタジーな架空戦記もの。

二丁拳銃の忍者を、レイピアでいなす将校。

絵になるバトルだ。

 

 

 

 

42cm重榴弾砲「大ベルタ砲」が咆哮する。

テクノロジーはおおよそ第一次世界大戦時の水準。

 

 

 

 

うつくしき敵役「エルザ・シュナイダー中尉」の、憂鬱な過去もえがかれる。

大掛かりで重厚なドラマが展開。

 

 

 

 

ボクは未読だが、佐藤大輔の小説『皇国の守護者』と比較されるストーリーだ。

女子のヴィジュアルなど漫画ならではの強みもあり、よくばりすぎなくらい。

 

 

 

 

復讐に燃える女スナイパー「天城ハル」が主人公。

2巻ではやや影がうすいが、ドス黒い情念をたぎらせる場面もある。

 

 

 

 

メカに弱いボクはくわしく紹介できないけど、つぎつぎ登場する兵器がウリ。

 

 

 

 

大国同士の戦争に、個人の思惑がからんでゆく。

「御都合主義」は特に感じられず、ハードボイルドな読みごたえがあり、

現代マンガにおける期待値をこえたテンションがみなぎる。

 

 

 

 

併行して『魔女に与える鉄槌』の連載をもってることをおもうと、

原作者がつかず、ひとりで異世界の歴史を構築する力量は並大抵じゃない。

 

 

 

 

破壊工作への協力をかってでた、アイヌっぽい衣装の「楠葉楓」。

村で虐殺をおこなった共和国軍をうらんでいる。

 

 

 

 

でもちょっと信用できない。

 

『銀河英雄伝説』など田中芳樹の小説で、不謹慎なほどユーモアをもりこむのは、

誇大妄想じみた架空戦記のバカバカしさを中和するためだろう。

 

 

 

 

本作は難攻不落の要塞、つまり「女の子の二面性」の描写に重心をおく。

ウェットにもドライにも、なりすぎない。

 

革命がどうとか、ひろげた大風呂敷を作者がもてあます箇所も散見するが、

「読者に感情移入させる」とゆうツボをおさえた、バランスのよさにひかれる。




戦場の魔法使い (2) (REXコミックス)戦場の魔法使い (2) (REXコミックス)
(2014/11/27)
檜山大輔

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03