松田未来『SWIFT!』

 

 

SWIFT!

 

作者:松田未来

掲載誌:『COMICリュウ』(徳間書店)2014年-

単行本:RYU COMICS

[ためし読みはこちら

 

 

 

アメリカはネヴァダ州にあるリノステッド飛行場。

標高は1200m。

ここで毎年9月に「リノ・エアレース」がひらかれる。

 

 

 

 

米国人の祖父の遺言をうけ、主人公の「ツグオ」は日本からきた。

ベリーショートの「アシュレイ」が、祖父がひきいたチームのパイロット。

なにやら遺恨あるらしく、平手打ちでツグオをむかえる。

 

 

 

 

リノ・エアレースはいくつかのクラスがあるが、

アシュレイらが参加するのは、改造レシプロ機をとばす「アンリミテッド」。

翼を垂直にたて、地表スレスレを時速800kmで駆け抜ける。

 

乗機は「P-39 エアラコブラ」

第二次世界大戦ではさほど活躍しなかったが、重量配分などがレースむきらしい。

 

 

 

 

松田未来はヒコーキ専門といってよいヴェテラン作家。

アシュレイの、ムダない流線型ボディもうつくしい。

 

 

 

 

米国在住時の記憶がなく、ヒコーキにも無知なツグオにキツくあたる。

天翔る戦闘機の様に気位たかい。

 

 

 

 

半世紀以上まえの飛行機がとんでいること自体、奇跡みたいなもの。

メカをこのむ国アメリカでないと不可能なレースだ。

それでも事故はおこる。

 

 

 

 

アシュレイも死の覚悟をしている。

何百万のヒコーキ野郎の夢をせおい天空を舞うよろこびは、なににもかえがたい。

 

 

 

 

勿論アメリカ人は、カミカゼ精神と無縁。

息ぐるしいほど安全に気をくばる。

エンジン不調がわかっただけで、準備に1年かけたのにあっさりとリタイア。

 

 

 

 

作者は『アンリミテッド・ウィングス』(2005-6年)でおなじ題材を描いたが、

いまだ語り尽くせぬ魅力をおぼえるらしく、そのヒコーキ愛は圧倒的。

空とゆうファンタジー世界へ、読者をのせ全開飛行する。




SWIFT! 1 (リュウコミックス)SWIFT! 1 (リュウコミックス)
(2014/11/13)
松田未来

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03