長岡太一『魂魂ハラスメント』

 

 

魂魂ハラスメント

 

作者:長岡太一

掲載誌:『WEBコミックぜにょん』(ノース・スターズ・ピクチャーズ)2014年-

単行本:ゼノンコミックス(徳間書店)

 

 

 

非常勤の高校教師「宮本」の部屋には、セーラー服の幽霊がでる。

「ワケあり物件」なのは承知でも、JKが化けて出たら面食らう。

 

 

 

 

かわいすぎる幽霊「南由奈」は、15歳で交通事故にあった。

発情期まっさかりで死んだので成仏できず、相手かまわずセックスしたがる。

とはいえバレたら失業しかねないし、そもそも物理的に接触不可能。

処置にこまる宮本先生。

 

 

 

 

おひきとりねがうため、由奈とセックスのまねごとをする。

霊感のない人間がみると、女子高生と寝るより犯罪的で、警官に拘束された。

 

……とまあ本作は、死ぬほどおめでたいエロコメ。

 

 

 

 

まだ生きてる女の子もカワイイ。

学級委員長「柳原舞(やなぎはら まい)」は、規則にうるさいカタブツ眼鏡。

 

 

 

 

トイレで自慰にふけるところを、壁をとおりぬけた由奈に目撃される。

宮本先生に暴力的に犯されるのを妄想しながら。

 

 

 

 

ヤンキーの「よっちゃんセンパイ」は幽霊仲間。

足のない居候がふえてゆく。

 

 

 

 

経験豊富そうなセンパイにいろいろまなぶ。

「ひとりで30人相手して、全員立てなくしてやった」ときいて興奮。

どうも「ヤル」の意味が通じてない様だけど。

 

 

 

 

やけにイキイキした幽霊たちに魅了される。

はじめてデートするとき、爛々とかがやく由奈の瞳とか。

 

 

 

 

奇麗なワンピースをみつけたとき、いつになく物憂げ。

身につけられるのは、死んだときの制服と下着だけだから。

宮本のはからいで「試着」するのはグッとくる名場面。

 

 

 

 

風邪でダウンした宮本に憑依し、由奈が教壇にたつ。

おバカなので学級崩壊したが、自殺をはかった生徒を教師らしく説得する。

かるがるしく「死ぬ」とか言うなと。

 

 

 

 

生きていればセックスできる。

ただセックスするため、ひとは生きる。

それゆえ人生はすばらしく、希望にみちている。

なやんでもしかたない。

 

 

 

 

底抜けにあかるい幽霊の、あっけらかんとした哲学が、あなたの生を肯定する。




魂魂ハラスメント 1 (ゼノンコミックス)魂魂ハラスメント 1 (ゼノンコミックス)
(2014/10/20)
長岡太一

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03