川崎直孝『ちおちゃんの通学路』

 

 

ちおちゃんの通学路

 

作者:川崎直孝

掲載誌:『月刊コミックフラッパー』(メディアファクトリー/KADOKAWA)2014年-

単行本:MFコミックス フラッパーシリーズ

 

 

 

帰宅部の活躍をえがく漫画はいくつかしってるが、

さすがに「登校」が物語になるとおもわなかった。

始業前の十数分に、「三谷裳(みやも)ちお」が壮大なドラマを演ずる。

 

 

 

 

もし遅刻寸前でえらんだショートカットが通行止だったら。

電柱をのぼり、屋根づたいにすすむしかない。

 

 

 

 

高校1年のちおちゃんは重度のPCゲーマー。

ゲーミングキーパッド&マウスをあやつり、世界の猛者と砲火をまじえる。

 

 

 

 

哲学者じゃない方の「カント」とか煽られるとムキになり、徹夜がつづく。

当然、登校時間はまもれない。

 

 

 

 

ゲーム脳は、妄想を実体にする。

上からながめる町並みは、いつもよりずっとうつくしい。

まさに気分は『アサシンクリード』。

 

 

 

 

通学路における最大の障碍は、同級生だ。

上位カーストの「細川さん」から手をふられて困惑。

 

挨拶をかえして勘ちがいだったら、大恥かく。

かといって「中の下」に属するちおが失礼はたらけば、報復されるかも。

 

 

レーシングウェア姿の細川さんがステキ

 

 

地形をグリッド化して把握。

「細川さん・自分・(いるかもしれない)もうひとり」の位置関係と、攻撃範囲が表示される。

SRPGよろしく、最適な行動を詰将棋的にみちびく。

 

ゲーマーは、歩道の色つきブロックだけ踏んであるく子供にちかい。

 

 

 

 

中学からの腐れ縁である、「真奈菜ちゃん」と登校することも。

やたらカップルふえたのが不満なんだと。

 

 

 

 

高校3年間をマグロの部位にたとえる珍妙な恋愛論など、

不毛すぎるガールズトークがたのしい。

 

 

 

 

細川さんのリア充っぷりをみせつけられたあと、偶発的にキスする。

百合ですら、お遊戯感覚。

 

 

 

 

アクションが可能であるかを基準に、空間を再定義。

攻略の対象として、世界が構築される。

ゲーム脳は、21世紀の実存主義哲学だ。




ちおちゃんの通学路 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ちおちゃんの通学路 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2014/09/23)
川崎直孝

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03