コトヤマ『だがしかし』 枝垂ほたるとの日々

 

 

だがしかし

 

作者:コトヤマ

掲載誌:『週刊少年サンデー』(小学館)2014年-

単行本:少年サンデーコミックス

 

 

 

清楚なジャンパースカートに、黒ストッキングとハイヒール。

田舎町に不似合いなセレブ少女が仁王立ち。

 

 

 

 

そこは昭和の匂いただよう駄菓子屋。

単なる客ではないようだが?

 

 

 

 

彼女は超メジャー製菓会社の令嬢、「枝垂(しだれ)ほたる」。

業界では有名な店主をスカウトしにきた。

ぐるぐる目にひきこまれる。

 

 

 

 

引き抜きの条件として、店主の息子に跡をつがせることに同意。

町にすみつき、駄菓子の魅力を伝道する。

ピーヒョロと「フエラムネ」の音がきこえたら、ほたるさんが近づいたしるし。

 

 

 

 

「こざくら餅」は全部刺しするなど、駄菓子道をきわめている。

ハイスペック女子なのに、少年の心のもちぬし。

おさないころ、一緒にあそんでくれるコをすきになった淡い感情がよみがえる。

 

 

 

 

だが、しかし。

「きなこ棒」のきな粉がこぼれた胸元をみせつけられ、主人公「ココノツ」は当惑。

ジャンスカで強調したおっぱいは反則!(参考:例1/例2

無垢なエロスが炸裂する、パラドクシカルヒロインだ。

 

 

 

 

友人の双子の妹「サヤ」は、喫茶店をてつだう。

ギャルやヤンキーはいってて、貧乳で、ほたると好対照。

駄菓子プリンセスに夢中のココノツに片思いしており、嫉妬心もやす。

 

ラブコメ要素が、物語を甘辛なあじわいに。

ほたるはグルグル目、サヤは点目、描き分けもうまい。

 

 

 

 

ボクが一番すきなのは、ちょっと大人なエピソードをえがく第5話。

「生」だけど「安全」なアレを初体験。

 

 

 

 

へいおまちィ!!

水にとかすと泡になる「生いきビール」がでてきた。

 

 

 

 

「うまい棒」をつまみに泥酔。

オトナの階段ふみはづすシンデレラがいとおしい。

 

 

 

 

ラムネ色にはじけるノスタルジックヒロイン。

中毒性あるので食べすぎ注意!




だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)
(2014/09/18)
コトヤマ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03