ノモンハン戦 フイ高地の攻防

シュテルン方面軍司令官、チョイバルサン元帥、ジューコフ集団軍司令官

 

 

ソ連軍は3か月かけ兵力と物資をあつめた。

シベリア鉄道の端末からハルハ河にいたる700kmの未舗装道路は、

関東軍よりはるかに劣悪な条件での兵站を強いた。

東部モンゴルでとれるのは羊肉だけ。

 

重点をさだめず万遍なく砲撃し、8月20日の大攻勢をさとらせない。

ハルビン特務機関へ潜入させた工作員を通じ、ニセ情報をばらまき撹乱。

 

総兵力は5万2000人、火砲487門、戦車・装甲車823両に達した。

兵が作戦発動時刻をしらされたのは3時間まえ。

急襲と両翼包囲をめざしうごきだす。

その朝は濃霧だった。

 

 

第23師団長小松原道太郎中将、矢野参謀副長

 

 

2万人前後で37kmをまもる日本軍は、象でも通り抜けられる薄い陣を敷いていた。

完全に不意をうたれ、攻勢の重点がどこか最後までつかめない。

それまでの計画が念頭から去らず、敵の南部集団を逆包囲する幻想にとりつかれた。

 

 

 

 

「フイ高地」で最大の激戦がおこなわれる。

標高721mを第23師団参謀がヒフミ読みして命名した。

井置栄一騎兵中佐のもとに、兵員809人、火砲12門、装甲車4両。

戦車はなし。

 

1秒に3発、砲弾がおちてくる。

全世界の雷が集中したかの様だった。

四周を包囲されるが、敵戦車を火炎瓶で擱座炎上させるなどして対抗。

兵は不眠不休、水も糧食も尽き、土気色の顔でたたかう。

 

 

第6戦車旅団のBT-7戦車群

 

 

よせあつめの8個中隊で、20倍の兵力に5日間あらがいつづける。

通信は途絶、全火砲は破壊され、のこる武器は銃剣のみ。

戦闘力うしなった残存260名は、二列縦隊で包囲網を奇跡的に突破。

 

ジューコフ司令官は、フイ高地のため全予備兵力を投じた。

 

 

井置栄一中佐

 

 

敗軍の将である、小松原道太郎師団長と荻洲立兵軍司令官は、

異常な熱意をもって「無断退却」の罪をせめた。

みづから汚れ役をつとめてくれるのはありがたいと、陸軍中央は黙認。

 

はじめ井置らを軍法会議にかける気だったが、どうも都合がわるい。

無断撤退を全面的に禁ずる法令はないし、

法廷で「師団司令部の無策無能」を指摘されたら泥仕合となる。

小松原は「自決勧告」とゆう妙案をおもいついた。

 

だれもが使者にたつのをいやがる。

後任として着任したばかりの、高橋浩亮騎兵中佐が指名された。

数日後、井置は草原に座しピストル自決。

戦死とみとめられず靖国神社へ祀られなかった。

 

内地へ帰還した小松原は、姫路に井置未亡人をたづねる。

「やめろといったのに自決した」と、あつかましいウソをついた。

 

 

ハルハ河をわたる日本軍(7月3日)

 

 

戦車同士の対決は、ノモンハンが世界戦史で初例かもしれない。

特に日本軍にとっては、はじめての敗北体験であり、

想定外の現象が多発したのは同情にあたいする。

でもそれが戦争ってものだろう。







【参考文献】

秦郁彦『明と暗のノモンハン戦史』(PHP研究所)



明と暗のノモンハン戦史明と暗のノモンハン戦史
(2014/07/12)
秦郁彦

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03