阿倍野ちゃこ/奥瀬サキ『DRAW 魔女の眠る海で』

 

 

DRAW 魔女の眠る海で

 

作画:阿倍野ちゃこ

原作:奥瀬サキ

掲載誌:『ヤングチャンピオン烈』(秋田書店)2013年-

単行本:ヤングチャンピオン烈コミックス

 

 

 

大磯駅あたりで、いきなり電車がとまった。

とびこみ自殺らしい。

あわれなことに、まだ息がある。

脳漿と小便をたれながしながら跛行。

 

 

 

 

メガネ娘が窓からおりる。

服がよごれるのもかまわず、みしらぬ少女の最期をみとった。

 

 

 

 

彼女の名は「詠(よみ)ドロウ」。

群をぬく美貌と、超然たる態度で、高校でも異彩はなつ。

 

 

 

 

作画をつとめるのは阿倍野ちゃこ。

プロとして10年以上のキャリアがある。

原作は奥瀬サキ。

『低俗霊狩り』や『コックリさんが通る』がすきだったので、なつかしい。

 

 

 

 

本作はふたりの魔女の物語。

さきほどの「詠」と、ダブルツインテの「吉良女舞(きらめ まい)」。

オカルトや援助交際やグロへのこだわりは、この原作者ならでは。

 

 

 

 

奥瀬サキは「はやすぎた作家」のひとり。

瞬間風速で最先端をはしる時期もあったはずだが、

アングラ趣味がわざわいしてか、作品はほとんど完結させられない

 

ふと気づいたら漫画界全体が、奥瀬のクローンばかりとなっていた。

美少女、お色気、いびつな設定、メランコリックな物語。

 

 

 

 

『DRAW』のキーヴィジュアルは海。

相模湾がキラキラまぶしい。

 

 

 

 

いつも主人公のまわりを、ワンピースに麦わら帽子の幼女がウロウロ。

このコは妹で、実は幽霊。

 

 

 

 

海水浴中に妹の溺死をふせげなかったのが、主人公の心的外傷。

西湘の海はあらく、神奈川県出身の原作者もおぼれたことが。

ただのキレイな背景じゃない。

 

 

 

 

吉良女さんがあやつるはネクロマンシー系の魔術。

校舎裏の森であやしい儀式をはじめる。

しなやかな裸体にかかるツインテの一房。

こぶりだがツンと上むきの乳房。

 

 

 

 

おのが肉体を切り裂き、ながれる血で死者をよびもどす。

闇にひびくヘブライ語の詠唱。

はづかしげもない中二病スピリットの炸裂。

 

 

 

 

人をころしたことで胸をいためる詠をなぐさめに、自宅訪問。

部屋着がカワイイ漫画は本物とボクはおもう。

くつろぐ姿すらカンペキ。

 

 

 

 

複雑な様で、テンプレで。

サブカル臭の一方で、妙に実感こもってて。

光と闇が交錯するなぞめいたプリズムに心うばわれる。




DRAW 魔女の眠る海で(1) (ヤングチャンピオン烈コミックス)DRAW 魔女の眠る海で(1) (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2014/09/08)
奥瀬サキ(原作)、阿倍野ちゃこ(作画)

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03