金子拓『織田信長 〈天下人〉の実像』

信長がもちいた「天下布武」印三種

 

 

織田信長 〈天下人〉の実像

 

著者:金子拓

発行:講談社 2014年

レーベル:講談社現代新書

 

 

 

天下に武を布く、すなわち「天下布武」。

中世末において「天下」は、地理的に「五畿内」をさす。

「わたしは京都周辺をまもりますよ」と宣言した。

もし書状に捺する印章の意味が「これから武力で全国平定します」なら、

他大名への宣戦布告となってしまいバカげている。

 

信長のあんがい穏健な政治思想を浮き彫りにする新書。

イノヴェイターでもマキャヴェリアンでもない、フツウの内政家だった。

英雄を偶像の座からひきずりおろす、戦国時代研究の「信長包囲網」はほぼ完成。

 

 

正親町天皇

 

 

信長は天皇の権威をどうみなしていたか?

独自の政治姿勢は確認できない。

「革新的な天才」とゆう先入観で、どこでもオリジナリティをさがすのがまちがい。

 

おおむね「オレもがんばるから、オマエもがんばれよ」程度の認識だった。

公家や門跡を経済的に支援したが、みかえりに官位をもとめない。

絹衣相論や興福寺別当職相論などで朝廷がみだれたときは、

天皇をきびしく叱責して謝罪させた。

 

いまの会社でたとえると、営業部長と広報部長の関係みたいもの。

ちがう部署の役職にありがたみはない。

 

 

足利義昭

 

 

広報部次長・足利義昭にケンカをうられたときは怒り、京から追放したが、

のちに羽柴秀吉を派遣、帰洛のための交渉をおこなう。

会社のためなら自分から頭をさげた。

 

 

(作成:Kibayashit)

 

 

畿内と周辺を支配下におき、奥羽・関東・中国・九州の有力大名とのあいだに、

自己に優位な友好関係をむすぶのが、信長の野望、もとい政治方針。

室町幕府とかわらない。

肥沃な農地をもつ尾張は、父・信秀の時代から財力があり、

さらに領国を拡大することで、秩序恢復にもとめられる物資をえた。

 

ルイス・フロイスは礼儀作法にとまどう信長の姿を記録している。

本質的に田舎侍で、社交ベタ。

右大臣をやめるとき「息子の信忠へ位をゆづりたい」と上奏したが、

官位は世襲制じゃないからナンセンス。

最後まで宮廷について無知だった。

 

 

『本能寺焼討之図』(楊斎延一)

 

 

信長の領国支配は、家臣に采配をゆだねる分権的なもの。

行政手法はむしろ時代おくれ。

秀吉における石田三成みないな吏僚層はめだたず、

政治面で揉めごとがあると、いちいち重臣が派遣された。

本社のトラブルを解決するため、地方の営業所所長をよびつけるにひとしい。

 

21世紀人としては、もうすこし合理的にできなかったかとおもうし、

明智光秀らも、頭のカタい上司にイラついてたかもしれない。




織田信長 <天下人>の実像 (講談社現代新書)織田信長 <天下人>の実像 (講談社現代新書)
(2014/08/19)
金子拓


関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ: 天皇 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03