金田一秀穂『金田一家 日本語百年のひみつ』

金田一京助

 

 

金田一家 日本語百年のひみつ

 

著者:金田一秀穂

発行:朝日新聞出版 2014年

レーベル:朝日新書

 

 

 

「金田一」とゆう言葉には、得体のしれない権威がある。

京助・春彦・秀穂と三代つづく日本語学者の系統。

例の探偵の名の由来にもなった。

 

古代を象徴する「天皇家」、近世の「市川團十郎家」とならび、

近代以降の日本をしょってたつ名跡だろうか。

 

 

京助と石川啄木

 

 

孫の秀穂によると、京助にはいまだ熱狂的ファンがいる。

晩年はあちこちで講演をおこない、石川啄木やアイヌ人との交流をかたり、

おもいあまっては絶句し落涙する名調子で、聴衆を感動させた。

 

いわゆる明治男の典型だった。

エリートを自認するが、それが嫌味にならない時代だった。

 

 

シャープのワープロのCMに出演する春彦(1982年)

 

 

おなじ道にすすんでも、息子の春彦は科学的アプローチをこのむ。

文学にほとんど関心なかった。

 

記憶力抜群で、正月に百人一首をすれば、子供三人を敵にまわしても勝てた。

家族と旅行しても、めづらしい方言をきくと同行者そっちのけで調査開始。

いまは細分化した国語学の、全領域をカヴァーできる最後の世代だった。

 

 

金田一家の庭で撮影された知里幸恵(1922年)

 

 

秀穂が父・春彦をかたる口調は辛辣で、そこがおもしろい。

金田一家に居候し、翻訳などしていたアイヌの天才少女・知里幸恵に、

子供のころの春彦は差別的な態度で接した。

長じて方言学者となっても、父が生涯をかけたアイヌ研究に一切かかわらない。

 

経済的に負担で、外聞もよくないアイヌ人との同居を、

京助の妻・静江はきらっており、その影響を息子はうけたらしい。

 

 

 

 

春彦は本郷でうまれたが、本籍地は京助の出身地である盛岡だったので、

徴兵時に岩手の連隊にいれられそうになり、あわてて籍をうつした。

郷土愛のつよい父はかなしんだ。

 

父にはげしいコンプレックスをもっていた春彦は、京助が死んだとき、

重圧から解放された様な、はればれとした表情をみせた。

 

学問における跡目相続は、闘争の意味もある。

 

 

関谷あさみ『千と万』(アクションコミックスコミックハイブランド)

 

 

春彦は戦中、日華学院で支那からの留学生に日本語をおしえた。

のちに教え子らは反革命分子とみなされ、文化大革命で迫害される。

たかが一言語をまなんだりおしえたりするだけでも、苦労はたえない。




金田一家、日本語百年のひみつ (朝日新書)金田一家、日本語百年のひみつ (朝日新書)
(2014/08/08)
金田一秀穂

関連記事

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03