平山優『検証 長篠合戦』

長閑斎宛武田勝頼書状。『甲陽軍鑑』の信憑性を回復すべき根拠

 

 

検証 長篠合戦

 

著者:平山優

発行:吉川弘文館 2014年

レーベル:歴史文化ライブラリー

 

 

 

ことし1月にでた『長篠合戦と武田勝頼』につづき、

平山優はこの歴史的事件をさらにしらべあげた。

たとえば冒頭の30ページをまるごと資料の吟味にあてる。

1575年の戦いの記録の決定版をつくろうとする真剣味がつたわり、

ボクみたいなシロウトでも退屈せずよめた。

 

主題はずばり、戦国時代の「鉄炮」。

ピーター・A・ロージ『アジアの軍事革命』にくわしいが、

それは支那・日本・ヨーロッパで併行してひらけた現象であり、

かぎられた資料で歴史の綾をときほぐし、実相をとらえるのは困難。

だが逆に長篠合戦を手がかりに、時代そのものを理解できるかも。

 

 

長篠古戦場で発見された鉄炮玉

 

 

織田信長は、ソヴィエト崩壊の最大の被害者のひとり。

左寄りだった「戦後歴史学」が修正を余儀なくされるなか、

日本史最大のヒーローの虚飾もはがされてゆく。

鉄炮三段撃ち、馬防柵、武田騎馬隊と比較しての先進性などが否定された。

それに対し著者は、通説・新説双方に批判をくわえる。

 

たしかに信長は、「革新的」な軍事指導者でなかった。

彼の鉄炮に統一規格はなく、大量注文生産したなどはうたがわしい。

おおがかりな鉄砲の投入自体、石山本願寺との戦争で敵からまなんだもの。

 

 

長篠合戦図屏風(成瀬家本)にえがかれた武田軍鉄炮隊

 

 

すでに1755年の第二次川中島の戦いで、武田氏は300挺の鉄炮をそなえた。

北条氏におよばぬも、上杉氏より導入がすすんでいた。

大名直属の「旗本鉄炮衆」も編制しており、織田軍と質的差異はない。

 

 

武田軍の鉄炮に撃ちたおされた織田軍鉄炮放

 

 

鉄炮の調達には苦労した。

甲斐・信濃に鉛山がないため、特に弾丸がたりない。

徳川氏との抗争も、鉱山の支配をめぐる側面があると著者はゆう。

 

両軍の格差は物量にあり、原因は生産・流通経路へのアクセシビリティによる。

長篠合戦の争点は「新旧」でなく、「東西」だった。

 

 

長篠合戦陣場位置図

 

 

織田軍が「兵農分離」をすすめ、職業軍人主体の軍隊をつくった證拠はない。

戦場に柵を構築する作戦も、東国でめづらしくなかった。

兵力差はあれど、似たりよったりの両陣営だった。

武田軍の無謀な突撃がいたづらに死傷者をふやしたのは事実だが、

論功行賞の基準をさだめたのは信玄であり、

勝頼ひとりを「保守的なバカ息子」と責めるべきだろうか。

 

信長は兵を窪地にかくし、寡兵にみせかけたと『信長記』にある。

情報戦での失態が敗北をまねいた。

「なんちゃら史観」に還元できない退屈な結論だが、軍事とはそんなものだろう。

 

長篠合戦後をふくめ、武田軍が総崩れになったのはこの一度のみ。

しればしるほど、歴史は苛酷とおもわざるをえない。




検証 長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)検証 長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)
(2014/07/22)
平山優

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03