秋★枝『Wizard's Soul ~恋の聖戦~』2巻 神経戦のはて

 

 

Wizard's Soul ~恋の聖戦(ジハード)

 

作者:秋★枝

掲載誌:『月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA/メディアファクトリー)2013年-

単行本:MFコミックス フラッパーシリーズ

[1巻の記事はこちら

 

 

 

グランプリ四国2回戦の相手は「王子憲一」、通称「王子」。

名字そのまんま。

柔和な性格で、四国のTCG界ではダントツでモテる。

 

 

 

 

もともとソツのないプレイスタイルだが、それにしてもつよい。

クセのある「まなか」のデッキを完璧にうける。

まるで透視できるかの様に。

 

 

 

 

陰謀が進行していた。

まなかの恋敵「小林」がデッキレシピを密告。

不正行為だが、女の涙でいいくるめた。

 

 

 

 

2戦めは「デッキ破壊デッキ」で圧倒し、イーヴンに。

王子は動じない。

セリフや表情から、勝利を確信してるとわかる。

だがまなかは、それよりふかく読んでいた。

 

 

 

 

恋愛漫画の名手が、心理描写の腕をゲームの駆け引きに応用したのが本作。

場の主導権をにぎり、相手をコントロールする。

TCGと恋愛は、本質的におなじもの。

 

 

 

 

カードにふれるたび、亡き母とのゲームの記憶がよみがえる。

衰弱する母に手も足もでなかった絶望が。

どんな天才も、死そのものに駆け引きは通じない。

 

 

 

 

だから生者はつねに、死の天使の後手をふむ。

みぐるしい陰謀も、こざかしい戦略も、みづからの首をしめるだけ。

 

 

 

 

試合後、王子が敗因をたづねる。

まなかいわく、かれの言動に隙はない。

ただうしろのギャルの反応で、あれこれわかった。

 

 

 

 

1回戦で屈辱的にたたきのめした「ふとみん」と、

意外にしたしげな絡みがあったり、群像劇としての趣向がました第2巻。

 

 

 

 

猫デッキの使い手「綾小路ここな」も、人気がでそう。

 

 

 

 

だがなにより、勝てば勝つほど顔に影がさす一ノ瀬まなかは、

おそらく漫画史にのこる、印象的な造形のヒロインだ。




Wizard's Soul 2 ~恋の聖戦(ジハード)~ (MFコミックス フラッパーシリーズ)Wizard's Soul 2 ~恋の聖戦(ジハード)~ (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2014/08/23)
秋★枝

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03