上山徹郎『テングガール』2巻

 

 

テングガール

 

作者:上山徹郎

掲載誌:『月刊ヤングキング』(少年画報社)2013年-

単行本:YKコミックス

[1巻の記事はこちら

 

 

 

ド田舎にあらわれた天狗少女の物語、絶好調の第2巻。

町内のウワサにもなりはじめた。

 

 

 

 

本巻は、つねに2体1組で行動する幻獣、「母手父手(むしゅふしゅ)」を退治する。

何度たおしてもよみがえる、不思議な性質の謎をときながらの戦いだ。

 

 

 

 

小天狗里の歴史を調査中のイギリス人作家「ベイカーさん」に、

まぢかでテングガールの姿を目撃されるなど、人間関係もうごきだす。

 

 

 

 

地元の建設会社の娘「スミレ」が、小天狗里の名所を案内。

 

 

 

 

かつて舟運でさかえた「竜宮通り」の美観は、昔日のにぎわいをしのばせる。

スミレちゃんの郷土愛もうつくしい。

 

 

 

 

反抗期をこじらせる「ユウ」との距離はちぢまらず、

女子はいっぱいだが、百合っぽくベタベタしないリアルな青春群像だ。

 

 

 

 

飄々とした人柄で地元でも評判のよいベイカーさんが、

まねかれた夕食の席で、お爺ちゃんの不謹慎なジョークに激昂。

おなじく作家だった、自分の祖父の死を気に病んでるらしい。

 

 

 

 

マスコットキャラの「ジョー」と田園風景を駆けぬける。

バトル描写にはスポーツ的爽快感が。

 

 

 

 

田んぼの世話はそっちのけで、むだに精巧なカカシばかりつくり、

御近所からあきれられている「田所さん」が、本巻の陰の主役。

後継者不足で相続されず、荒廃してゆく農地とゆうテーマがある。

JKカカシが、くりかえしテングガールを邪魔するのもみどころ。

 

 

 

 

農村があれてゆく一方で、その再生もえがかれる。

幻獣はかならずしも敵でなく、「水の里」で人と鳥獣が共生するヒントかもしれない。

 

 

 

 

読後しみじみ感動し、ため息ついた。

『テングガール』にはすべてがあって、しかも唯一無二。




テングガール (2) (ヤングキングコミックス)テングガール (2) (ヤングキングコミックス)
(2014/08/16)
上山徹郎

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03