星をみるひと ― 『よつばと!』綾瀬恵那コレクション

よつばと!

作者:あずまきよひこ
掲載誌:月刊コミック電撃大王(二〇〇三年三月~)


はっぴ

主人公、小岩井よつばのおとなりさん。
三人姉妹の一番した。
小学四年生。
ある意味、よつばより変な子。
末っ子なのに決してひとにあまえず、
言動も服装も模範的。
まつりの日にはすこしうかれて駄洒落をいうが、
てれて「いまのうそ!」と、すぐにとりけす。
おもしろいのに。
服のえらびかたも小綺麗で、ハッピまでよくにあう。


自転車

清潔感ただよう、チュニックのきこなし。
こんな十歳はいません。
いるなら、コメント欄でおしえてください。
取材しにゆきます。
よつばの父から、自転車にのりはじめたばかりのむすめを、
「教官」としてきびしく指導するようもとめられる。
綾瀬恵那、本領発揮。


教官

かわいい。
年下のよつばに対し、保護者めいた態度をしめす。
やさしい子だ。
ちょっと表現がおかしいだけで。


貝

海岸にて。
猫目に変貌し、貝殻のかたちを厳正に批評。
暴れん坊のよつばも、恵那のいうことは素直にきく。
信頼しているらしい。
本作ではおよぎにゆく場面が二度あるが、
恵那だけがことなる水着をきる。
このフレアつきが二着目。
作者のおきにいりなのか。


ケーキ

ケーキ屋で。
このするどい視線が、綾瀬家三女最大の個性。
「かぼちゃのモンブラン」をえらぶが、
よつばには「ドロみたい」といわれる。
しかし「かぼちゃのモンブラン」、三百八十円。
しぶい趣味だ。


絵

夏やすみの宿題の写生をしに、公園へ。
勉強も得意だが、それ以上に美的感性においてすぐれる。
親友のみうらに絵をほめられ、うれしそう。
かの女は猫の目で、美をみいだす。


カエル

恵那がなによりも愛するのが、自然。
よつばがたんぼでひろった巨大な蛙をみて、おおよろこび。
キレイキレイなカワイイものだけをこのむ子ではない。
さすがは(父以外)くせものぞろいの綾瀬家、
ときに常識はずれの顔をみせる。


みなきゃ

夏やすみの宿題の範囲について、みうらと議論。
恵那にとって、「みてみましょう」=「みなきゃ」。
理知的なみうらは、提出義務がない課題は無視。
恵那はかしこいけれど、計算だかくない。
かくして双眼鏡をもち、車で山のうえの自然公園に出発。


ちきゅう

夜の自然公園。
恵那以外の一行、つまりよつば、とーちゃん、ジャンボ、風香、みうらは、
キャンプ気分でカップラーメンをたべる。
でも恵那は天体に夢中。
宇宙人みたいなよつばでさえ、
「やっぱしちきゅうがいちばんだな!」と述懐するかたわら、
双眼鏡をはなさない。
皮肉のきいた、実にうつくしいひとコマ。
恵那、きみのひとみには、なにがうつっているの?


よつばと! (1)よつばと! (1)
(2003/08/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03