睦月のぞみ『白銀妃』

 

 

白銀妃

 

作者:睦月のぞみ

掲載誌:『ハルタ』(エンターブレイン/KADOKAWA)2013年-

単行本:ビームコミックス

[同作者の記事→『兎の角』1巻/3巻/『ハコニワ喜劇』1巻

 

 

 

トルコ風の宮廷のハーレムへはいった、

銀髪の娘「リリーニャ」を主人公とする華麗なる絵巻物。

その美貌は後宮でもきわだつ。

 

 

 

 

睦月のぞみは人をくった作風のもちぬしで、ヒロインは超天然。

王の側室になったのも、褒美にネコがほしいから。

 

 

 

 

18歳の「アルスラ王」は、自由時間を読書についやしたいタイプ。

いやいや夜伽をつとめる女も、ガツガツ寵愛をもとめる女も、とおざけたい。

ハーレムとか無理、萎える。

 

 

 

 

先輩の「マルテナさん」から新人いびりにあうが、

リリーニャのたわわな乳房は、同性すら幻惑。

 

 

 

 

マルテナさんが褐色肌の「エーデル」に唇をうばわれる。

可愛かったのでつい。

国王そっちのけで狂い咲きする百合の花。

 

 

 

 

リリーニャいわく、女の子同士はノーカウント。

 

ぬるいハーレムラブコメが流行する業界の意表をついた、

リアルハーレムの物語だが、愛慾のもつれとか、政治的陰謀とか、

宮廷を舞台とする物語なら当然からむはずのイヴェントをスルー。

作者独特の、ヘンテコでピュアな恋愛観はゆるぎない。

 

 

 

 

マルテナさんは、継母に奴隷として売られた薄幸の少女。

「売られた」「買われた」なんて窮地を淡々と、いやむしろ冷淡にえがく。

かわいそうだけど、わらえる。

 

 

 

 

「王様との性的行為をやらないとダメなんだ」と、後宮の心得を説くエーデルさん。

ムードぶちこわしな、身も蓋もない言葉のチョイスが最高。

不毛すぎるガールズトーク。

 

ひきあいに出してわるいが、森薫の諸作みたいな、

勿体ぶるため異国の歴史を借りる安直さがない。

 

 

 

 

そして見開きのうつくしさ。

本作から手描きにもどしたそうで、流麗な筆づかいは冴えわたる。

 

 

 

 

残念系女子のリリーニャは、だまっていると背景に花がさくので、

妍をきそうマルテナさんとしては、ずっと天然発言をさせようとする。

 

 

 

 

つまり本作の主題は、「ムダに美人」。

女のうつくしさ自体をギャグにするなんて、きいたことない。

 

漫画家からひとり天才をあげろといわれたら、ボクは睦月のぞみをえらぶ。




白銀妃 1巻 (ビームコミックス)白銀妃 1巻 (ビームコミックス)
(2014/07/15)
睦月のぞみ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 睦月のぞみ  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03