落合淳思『漢字の成り立ち』

 

 

漢字の成り立ち 『説文解字』から最先端の研究まで

 

著者:落合淳思

発行:筑摩書房 2014年

レーベル:筑摩選書

 

 

 

「字源」、つまり漢字の構成原理についての研究史をまとめた本。

実はあまり語られなかった世界だ。

藤堂明保や白川静といった字源の研究者が権威化し、

反駁しづらい状況がうまれ、ふるい学説が漢和辞典に引用されつづけている。

普段は歯に衣きせぬ高島俊男(藤堂にちかい立場)が、

この話題にかぎってはお茶をにごすのを、ボクも読んだことがある。

 

著者は1974年うまれ。

孫の世代がようやく、歴史を説きおこしだした。

 

「字音」を重視した藤堂明保は、

スウェーデンのカールグレンに影響うけ、上古音を復元したのが特徴。

西洋言語学の理論をとりいれ、隙のない体系を構築した。

ただし応用に無理があった。

漢字は、つくられた段階では「字音」が考慮されたものでも、

のちに「字形」のウェイトがたかまる。

発音がかわるたび字形をかえるのは非効率だから。

上古音自体、いまだ確定しないのがおおい。

 

 

 

 

かたや白川静は「字形」をおもんじた。

50歳をすぎてから本格的に字源研究をはじめた白川は、

甲骨文字や金文の知識を利用しつつ、文化や思想の面からも分析。

スケールおおきい学説は、一般読者にウケがよかった。

 

「魯」の下部が祭器であることの発見などは、すぐれた成果だ。

 

 

 

 

問題は、字源をなんでも「呪術儀礼」にむすびつけたこと。

その割合は3分の2におよぶ。

「鳴」が「口+鳥」でなく、「鳥の鳴き声による占い」と説くにいたっては、

さすがに牽強付会といわざるをえない。

 

たとえ殷代だろうと、王朝を呪術だけで維持できるだろうか。

合理的で物質的な支配機構が前提だったのでは。

じっさい祭政不可分な時代では、祭祀は王の支配権をつよめる力があり、

聖職者も神事以外のさまざまな職務をになっていた。

 

ボクがおもうに、漢字とゆうテクノロジーが開発され、普及したのは、

徴税や徴兵の公平性、商取引の信頼性などが目的だったのではないか。

 

複雑な事象をズバッと一元的にときあかした研究者を、

ひとは「大学者」と讃美するが、えてして彼らの方法は学術的じゃない。

日本語だったら、大野晋の「タミル語起源説」とか。

けっきょく複雑なものは、複雑なのだ。

 

 

 

 

著者はPCでデータベースをつくり、用例を検索できるようにした。

たとえば殷代に「省」が、呪術的行為を意味しないのを確認できる。

表示可能な字形の数など、技術的限界もあるが。

 

文系の高等教育をうけるには、4~5000字の知識が必要だが、

漢字を分解すると、意味のある形は300ほどにまとめられる。

最新の研究にもとづき初等教育をアップデートし、

日本の文化と文明が発展するスピードをはやめるべきだろう。

 

いまさら漢字をすてるわけにゆかないのだから。




漢字の成り立ち: 『説文解字』から最先端の研究まで (筑摩選書)漢字の成り立ち 『説文解字』から最先端の研究まで (筑摩選書)
(2014/04/14)
落合淳思

関連記事

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03