小菊路よう『童貞地獄』

 

 

童貞地獄

 

作者:小菊路よう

発行:講談社 2014年

レーベル:ライバルKC

 

 

 

書店のレジへだすのに心臓のつよさが必要な題名だが、

むしろ詩情を解する繊細な読者にすすめたい、1巻完結の佳作。

 

『マガラボ』のウェブ連載をまとめた、小菊路ようの初単行本となる。

作者は女の腰のくびれに関心あるらしく、描線がうつくしい。

 

 

正直、他人ごとじゃない

 

 

主人公「間田道貞」は交通事故により、17歳11か月で死んだ。

「まだ童貞」だったので、のこされたエログッズに母や妹はドン引き。

処置にこまる半人前の魂は、極楽と地獄のはざま、「童貞地獄」へおとされる。

 

 

 

 

世話役のオニ娘相手に童貞卒業し、正式な裁きをうけるのが目標。

「燈本(ひもと)オニコ」は八重歯(キバともゆう)があどけなく、かわいい。

 

 

 

 

童貞地獄の先輩のなかには、居心地よさのあまり安住するものも。

このモラトリアムがつづけば、永遠にエロゲー状態をたのしめるから。

ハーレムラブコメの奇怪さを「煉獄」とみなす解釈がおもしろい。

 

 

 

 

童貞地獄は、昭和の田園風景。

『ALWAYS 三丁目の夕日』に代表される安易なノスタルジーへの皮肉だが、

純情可憐なセーラー服オニ娘が一緒だと、抵抗しがたい。

 

 

 

 

由緒ただしき童貞の主人公は、死後の世界でもウジウジ。

こんな俺にもやさしくしてくれるオニコは、つまり誰にでもやさしい。

てことはビッチじゃん。

 

 

チョイ役の先生もカワイイ

 

 

オニ娘がかようクラスでは、トラの交尾など生物学の知見をふまえ、

童貞の生態について真剣にまなぶ。

手際よく任務遂行し、鬼としての階級をあげたいから。

無邪気なオニコも、なにもしらないおぼこ娘じゃない。

 

 

丸顔がステキ

 

 

オニ側の事情もえがかれ、複雑なあじわいがうまれる。

まぶしい笑顔の陰にツノをかくすのが、女とゆう生き物だと。

 

 

 

 

メタ視点をくわえながらも、基本構造はハーレムラブコメなので、

主人公の優柔不断さがまねく三角関係もかたられる。

 

 

「今日は卵が安いんです!」

 

 

だが「ミツコ」は、親友であるオニコの天真爛漫さを利用する陰謀をしかけていた。

 

おまけふくめて191ページのみじかい物語で、

数本のプロットをねじりあわせ、キレイにまとめる技量に感心。

 

 

 

 

ぴりりと「鬼わさび」のきいた逸品。

味のちがいがわかる、あなたの食卓にどうぞ。




童貞地獄 (ライバルコミックス)童貞地獄 (ライバルコミックス)
(2014/06/04)
小菊路よう

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03