小谷野敦『頭の悪い日本語』

『DEATH NOTE』(テレビアニメ/2006-7年)

 

 

頭の悪い日本語

 

著者:小谷野敦

発行:新潮社 2014年

レーベル:新潮新書

 

 

 

小谷野敦は「看護師ファシズム」とたたかう。

だれも「看護婦」が差別用語だと抗議しないのに、法令にあわせ日本人は一斉に、

新聞やテレビはもとより小説まで「看護師」をつかいだす。

なんでもファシズム認定したがる著者とはいえ、たしかにこの風潮は異常だ。

左翼知識人が、国家による統制を歓迎するのもなさけない。

 

ちかごろ流行りの「参画」なんてのも、行政用語にひきずられた一例。

「参加」で十分なのに。

 

 

『メトロポリス』(ドイツ映画/1927年)

 

 

「メトロ」はギリシア語で「母」を意味する。

1927年の映画以降、「メトロポリス」や「メトロポリタン」といった語が定着したが、

それはともかく「東京メトロ」は、「東京の母」とゆう意味になりおかしい。

パリの地下鉄を「メトロ」とよぶことからの誤用の様だ。

 

「誤用」と「派生」は区別されねばならない。

たとえば「ダメ出し」

もとは囲碁でもちいられた語から派生した演劇用語で、

「念のため演技の注意をすること」だが、「ダメだと言う」の意味に誤解された。

言葉として一度死んでおり、つかうべきでない。

 

パソコンの普及とともにひろまった「立ち上げる」は、

「自動詞と他動詞の複合動詞だから間違っている」と指摘されることが多いが、

それは「引き上げる」の様な例もあり、実際は「主語のズレ」に文法ミスがある。

「立つ」のがパソコンで、「上げる」のが人間だ。

措辞にこだわる著者だけに、解説は明瞭でよい。

 

むつかしい言葉をつかってインテリぶりたい慾望は否定しがたく、

たとえばスポーツ選手の「美学」がかたられたりする。

別に学問研究じゃないから、「美」か「美意識」でよい。

 

知識人にとり、言葉以上の武器はない。

言葉によってのみ彼らは自立しうるのに、

ロクに辞書もひかず誤用をくりかえし、法令に盲従するなど自殺行為。

まぁ高島俊男や呉智英などウルサ型もいるが、

言論界では「説教ずきの変なジイサン」とみなされている。

 

 

ソックパペット藝を披露するウィキペたん(作者:Kasuga)

 

 

著者はよく「上から目線」といわれる。

 

私は著者で相手は読者なのだから、

それはある程度仕方がないというより、当然と言うべきである。

ネットではみなが平等だとか言われたことがあるが、

実際にはそんなことがあるはずがなく、平等だと誤解した結果である。

 

「著者と読者」の関係は消滅、不気味な「クラスタ」がのこった。

 

インターネットは誤用の地雷原。

たとえば「自作自演」はユーミンみたいな歌手のことで、

2ちゃんねるの荒らしを形容するなら「狂言」がただしい。

「無断引用」もおかしい。

一定の範囲をこえず、引用元を明記すれば、著者にことわる必要ないのだから。

ボクもこの言葉は大嫌いだが、小林信彦までつかってると知りガッカリ。

 

 

『メタルスレイダーグローリー』(HAL研究所/1991年)

 

 

「難易度」は妙ちきりんな表現。

「難易度が高い」は、「難しい」の一言におきかえられるから不経済だ。

本書に書いてないが、ゲーム評論から波及した語だろう。

 

小谷野はゲームがわかってない。

「この戦争がおわったらオレ結婚するんだ……」は「死亡フラグ」といい、

アドヴェンチャーゲームのプログラム概念を、一本道の物語の鑑賞に流用したもので、

定義は曖昧であり仕方ないが、著者はテキトーに書き飛ばしている。

 

『もてない男 恋愛論を超えて』がでたのが1999年1月。

東大卒のセンセイが「非モテ」を理論的に肯定するのが斬新で、ベストセラーに。

なお「2ちゃんねる」開設は同年5月で、たとえば「リア充爆発しろ!」とか、

投稿内容は『もてない男』から影響うけたろうし、著者もそう発言していた。

つまり、小谷野敦がまいた種から日本のインターネット文化はうまれ、

最近ようやく世代交代の波が、非リアの父を押し流しつつある。

 

 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(日本映画/2012年)

 

 

堕落する知識人と、クラスタ化する大衆。

退廃の原因はどこにあるのか。

 

本書は、1995-6年のテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』から、

綾波レイの呼称「ファーストチルドレン」など、「チルドレン」とゆう誤用をあげる。

序数詞と複数名詞の組み合わせはあきらかに間違ってたのに、

当時は訂正されず、新劇場版は「第3の少年」みたくごまかす。

 

すべてはエヴァからはじまった。

知識人は庵野秀明に媚びるまえに、措辞をただすべきだった。

われわれは電子辞書片手に、「ポスト(小谷野風にゆうと「ポゥスト」)・エヴァンゲリオン時代」を模索する。




頭の悪い日本語 (新潮新書)頭の悪い日本語 (新潮新書)
(2014/04/17)
小谷野敦

関連記事

テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03