大竹利朋『もぐささん』

 

 

もぐささん

 

作者:大竹利朋

掲載メディア:『となりのヤングジャンプ』(集英社)2013-14年/『週刊ヤングジャンプ』2014年-

単行本:ヤングジャンプ・コミックス

 

 

 

「プレッツェル疑惑」が発覚し動揺する、「もぐささん」こと「百草みのり」。

この世の終りみたいな。

 

 

 

 

木漏れ日の似合うもぐささんは、高校1年生。

クラスでもおとなしめで、フランス文学とかすきそうなイメージ。

 

 

 

 

事件は授業中おきた。

主人公「小口虎雄」は気づいたのだ。

シャーペンもつふりして、もぐささんがプレッツェル食べてることに。

カリカリの咀嚼音を、まわりの筆記音にまぎらせてることに。

 

 

 

 

彼女が摂食中なんて、だれも夢にもおもわない。

ワガママな胃袋をもつ、ステルス戦略食欲娘だ。

 

 

 

 

昼休みは、ぶあついフランス語辞書のケースにかくした弁当を。

キャラ弁よりドカ弁を愛する。

 

「木漏れ日の勉強女子が、こぼれぎみの弁当女子になっちゃったよ」

ストーカーと化した虎雄のツッコミもおかしい。

 

 

 

 

トラオの追及により、さまざまな余罪が判明する。

アメ同時4個ステルス舐めで、解剖学的限界にいどんだり。

 

 

 

 

財布には駄菓子の「蒲焼さん太郎」を常備。

うすいのでジャストフィット。

 

萌えキャラで「食いしん坊」は定番の設定だが、

本作はその一点を、おもいきって一人格まで拡大してみせる。

 

 

 

 

トラオに弱みをにぎられたもぐささんは、デートのさそいに応じる。

映画館で気になるのは、ポップコーンのキャラメルのかかり具合。

花より団子の、アンバランスなラブコメでもある。

 

 

 

 

トラオの家は食堂をいとなんでおり、料理が得意。

つくる方はからっきしのもぐささんとは、お似合いかもしれない。

「できるピッチャーみてぇだ!!」とか、級友の発言もそこはかとなく愉快で、

大竹利朋はナチュラルに笑いのツボをこころえた新人だ。

 

 

 

 

原発問題をとりあげた花咲アキラ/雁屋哲『美味しんぼ』は、言論弾圧にひとしい批判をあびたが、

内容を疑問視されたとゆうより、「食い物の漫画が政治に口をだすな」と反感かったのだろう。

あれが袋叩きに値するなら、ボクなんか50回くらい暗殺されないとおかしい。

 

逆にゆうと、食欲に罪はない。

もぐもぐ系イノセントガールが漫画の王道をゆく。




もぐささん 1 (ヤングジャンプコミックス)もぐささん 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/04/18)
大竹利朋

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03