宮嶋星矢『お嬢様かんぱにぃ(仮)』

 

 

お嬢様かんぱにぃ(仮)

 

掲載誌:増刊『主任がゆく! スペシャル』(ぶんか社)2012年-

単行本:ぶんか社コミックス

 

 

 

大手企業の就職面接をうけにきた、おかっぱメガネの「前原和葉」。

入口で謎のメイドに手刀をくらいダウン、拉致された先には、ふんぞりかえる幼女が。

 

 

 

 

そこは女子小学生「輝龍院ユリ」がたちあげたゲーム会社で、

父の会社に採用されなかった人間をみつくろい、強制的に雇用していた。

 

下調べは十分。

カズハがニートで、ゲーム制作が趣味であることも。

 

 

 

 

イラスト投稿サイトの人気絵師にも目をつけ、グラフィッカーとして働かせようとする。

「絵を描けるならなんでもいい」と入社決定。

 

 

 

 

いささか労働基準法に抵触しそうな会社がやってゆけるのは、

巨大財閥ひきいるユリの父が、娘に甘すぎるから。

 

 

 

 

そして武闘派メイド「千影さん」によるパワハラ。

パワーといっても物理的パワーなので、したがうしかない。

 

 

 

 

なぜそこまでして、ロリ社長はゲームをつくりたいのか?

実は彼女にのこされた時間はわづか。

もうすぐ春休みはおわり、学校がはじまってしまう。

 

 

 

 

カズハの職種はプランナーで、企画をかんがえる役。

こないだまでニートだった人間には荷がおもい。

 

 

 

 

だがカズハには、必殺の決めゼリフがあった。

「逃げてばかりいたら将来……私みたいになりますよ!」

説得力ある発言に、わがまま社長も涙目。

 

 

 

 

ついに仲間たちの夢がつまった、王道アクションRPGが完成。

社員一同、売れ行きが気になる。

 

 

 

 

ネットでの評判もチェック。

作り手の苦労をしらない連中に好き勝手いわれ、社長は激怒!

「たいへんすばらしいげーむでした……じかいさくがたのしみで……」

ステマが横行する事情がわかる。

 

 

 

 

作者・宮嶋星矢は、Flashアニメや四コマ漫画など手びろく活動中の、

森井ケンシロウの会社「スタジオモリケン」のスタッフでもある。

荒唐無稽な設定だが、モノづくりのたのしさは本物で、さわやかな読後感。




お嬢様かんぱにぃ(仮) (ぶんか社コミックス)お嬢様かんぱにぃ(仮) (ぶんか社コミックス)
(2014/05/14)
宮嶋星矢

関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03