桐原いづみ『サボテンの娘』

 

 

サボテンの娘

 

作者:桐原いづみ

掲載誌:『コミックハイ!』(双葉社)2013年-

単行本:アクションコミックスコミックハイブランド

 

 

 

1985年。

名古屋ちかくの鄙びた町でくらす7人家族が、

12歳の娘「優子」の誕生日をいわい記念撮影。

ところが父のそだてるサボテンが大写しに。

 

 

 

 

「サボテンも家族だから当然」と父は主張する。

保育園児の双子がウロチョロする家では、あぶない趣味だ。

優子は学校で「サボ子」とあだ名をつけられ、いい迷惑。

 

 

 

 

ウシガエルの鳴き声ひびく畦道が通学路。

どこまで作者の幼少期が反映されているか知らないが、

2010年の合併で「あま市」となった、旧甚目寺町あたりの風景は雰囲気たっぷり。

 

 

 

 

級友とのお泊り会は、蚊帳をつった部屋で。

でんぐり返しで中へはいるのがコツ。

 

 

 

 

クラスではやってるのは牛乳キャップをつかったメンコ。

昭和のあそびは安上がり。

 

 

 

 

お隣にすむ中学生の「ちかちゃん」。

『スケバン刑事』の斉藤由貴にあこがれ、ツッパリ少女をきどる。

くるぶしを隠すスカートと、ポニーテールが激マブだ。

 

 

 

 

本作はおなじく『コミックハイ!』連載、関谷あさみ『千と万』をかすかに髣髴させる。

平凡なオンナノコの日常を接写するカメラが、ときに「親の視点」となるところが。

 

 

 

 

「体操着入れを修繕してくれない」とか、些細なことで大ゲンカに。

読者は母娘両方の事情がつぶさにわかるから、

すれ違いがおかしくて、それでいて切ない。

 

 

1985年発売のウォークマン「WM-101」

 

 

本作にはTwitterやLINEでは築けない、アナログな人間関係がある。

良いとか悪いとかじゃなくて。

機械ひとつとっても、ローカルなのが前提で、やけにあたたかい。




サボテンの娘 1 (アクションコミックス)サボテンの娘 1 (アクションコミックス)
(2014/05/10)
桐原いづみ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03