統一されざる国、日本

坂上田村麻呂(菊池容斎『前賢故実』)

 

 

聖徳太子は「日本人」ではなかった。

遣隋使をおくるとき、みづから「倭人」となのった。

倭国は、関東・東北・南九州をふくまない。

勝手に同胞あつかいすれば、あちらさんも困るだろう。

 

帝国主義的な古代日本の侵略に対し、東北は一世紀にわたり抵抗した。

おかげで奥六郡と山北三郡が自治をかちとる。

最北部など、12世紀にいたるまで日本国の外でありつづけた。

 

平将門は939年に「新皇」をなのり、関東八か国と伊豆を基盤に独立。

西の瀬戸内海で藤原純友がつづく。

将門が討ち死にせず、あと数年生きていれば、京都の王朝は滅亡したろう。

 

「日本」がいつはじまり、その範囲がどこまでか、われわれがうろ覚えなのは、

古代王朝が天下統一できなかった事実に対する、近代王朝による隠蔽工作の成果だ。

 

 

靖国神社の7月のみたままつり(撮影:kamoseiro)

 

 

アメリカ陸軍情報部の戦訓広報誌『情報公報(Intelligence Bulletin)』は、

日本軍の将兵や装備について客観的にしりうる有益な資料。

 

兵は天皇のため死ぬのが最高の名誉で、死ねば靖国神社に祀られるとのプロパガンダを、

田舎者は単純に信じたが、教育をうけた都会人はだまされない。

つまり地方出身者はよき戦士であり、政府が全国支配する意義もそこにある。

 

だが田舎者はいったん捕虜となると、よろこんで尋問官になんでもしゃべった。

味方の弱点や、戦艦大和や零戦の性能などの最高機密まで。

結局日本は、天皇に殉ずる軍隊をつくれなかった。

 

 

2008年、ブラジルでの徳仁

 

 

いまの太子である徳仁は、皇孫時代に南米を訪問したとき、

学生に「なぜ経済発展した日本に、まだ王様がいるんですか?」ときかれた。

もっともな疑問だ。

歴史学者でもある徳仁は、「なぜこんなに長く続いてるのかわからない」とこたえる。

その正直な回答に、随行員は青ざめたとか。

 

それでも網野善彦は、同業者として彼を批判する。

皇太孫とゆう立場にいる歴史家なら、天皇について究明するのが義務だ。

「わからない」ですますなら、学者をなのる資格はないと。

 

軍事にせよ文化にせよ、なにか偉業をなした天皇でボクがおもいうかぶのは後鳥羽院くらい(勿論文化面で)

もうひとりいてもバチはあたらないだろう。







【参考文献】

網野善彦『歴史を考えるヒント』(新潮文庫)

同『列島の歴史を語る』(ちくま学芸文庫)

一ノ瀬俊也『日本軍と日本兵』(講談社現代新書)



歴史を考えるヒント (新潮文庫)歴史を考えるヒント (新潮文庫)
(2012/08/27)
網野善彦


列島の歴史を語る (ちくま学芸文庫)列島の歴史を語る (ちくま学芸文庫)
(2014/04/09)
網野善彦


日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)
(2014/01/17)
一ノ瀬俊也

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03