太平洋戦争の情報戦

アメリカ国立暗号博物館に展示されている、パープル暗号機の捕獲部品

 

 

大本営第二部(情報部)の情報参謀だった堀栄三の回想録がおもしろかった。

 

日本陸軍の暗号は、辞書をもちいる複雑なもの。

暗号に従事する人員だけで五六万名、四五個師団に相当。

解読に対する硬さは比類ないが、通信班はあまりの煩雑さに手をやき、

米軍が上陸するころにはクタクタに疲れきっていた。

そして「先頭と戦闘」「戦果と戦火」「向後と交互」などの誤りが頻発。

いわば日本語自体が暗号で、アルファベットの国ならありえない。

 

物量以前に、日本は言語で負けていた。

 

 

リンガエン湾へむかう米軍第一波

 

 

1945年1月6日からのルソン島の戦いは、重要な戦闘だ。

山下奉文大将が、敵六個師団をフィリピンに釘づけしなかったら、

おそらくマッカーサーは六七月にも九州上陸を敢行したろう。

 

米軍は砲弾だけでなく、カネもばらまいた。

故意に偽札をまぜたため、ルソン島経済は急速なインフレが進行。

守備隊が物資を現地調達するのが困難となる。

 

鋼鉄と流血と金銭、さらに智恵をしぼりつくすのが、総力戦。

 

 

大阪上空のB-29(1945年6月1日)

 

 

1945年5月中旬。

陸軍中央特種情報部は通信諜報により、奇妙なB-29小部隊の行動をつかんだ。

なんらかの特殊任務をおびているのはあきらかだが、

硫黄島をうしなった日本に、テニアンの基地を爆撃する力はなかった。

 

8月6日、広島に原爆投下。

「7月16日ニューメキシコ州で新実験がおこなわれた」との外国通信社の記事が、

情報参謀の頭脳のなかではじめてB-29とむすびつく。

すでに10万の市民が死んでいた。







【参考文献】

『大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇』(文春文庫)



大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
(1996/05)
堀栄三

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03