檜山大輔『戦場の魔法使い』

 

 

戦場の魔法使い

 

作者:檜山大輔

掲載誌:『Comic REX』(一迅社)2014年-

単行本:REXコミックス

 

 

 

「近代戦」と「魔法」を密にフュージョンさせた世界観を、まづみてみよう。

 

 

 

 

ヒロインは「天城ハル」。

普通のライフルやヘルメットを装備する魔法使いだ。

「大幡州帝国軍」に所属、階級は一等兵。

 

 

 

 

ながく迫害されてきた「異能の民」として生まれた。

性格は陰気で、笑顔をみせない。

 

 

 

 

「ロードラント共和国」との戦争が、すでに半年つづく。

両軍の装備は第二次大戦期ドイツ準拠みたいだが、戦車や飛行機は登場しない。

 

 

 

 

ハルの異能は「生命探知」。

一瞬で敵をみつけて斃す力で、確定戦果200をこえるエーススナイパーとなった。

 

 

 

 

治癒魔法的な「代謝操作」をつかう衛生兵などもいる。

効果は応急措置程度で、欠損した身体を再生したりできない。

魔力は、物量差をくつがえせない水準にとどまる。

 

 

 

 

作風をひとことでいえば、ミリタリー色つよいダークファンタジー。

ボクは前から、迫撃砲をうまくつかう戦争物をリアルに感じる。

テレビドラマ『バンド・オブ・ブラザーズ』とか。

 

 

 

 

異能者は敵にもいる。

共和国親衛隊の「シーラハ少尉」。

全身を覆う甲殻は、小銃弾ではかすり傷もおわせられない。

 

 

 

 

そこへ刀をふりかざし飛びこむ、「西原あざみ」。

目的は斬ること以外にあるが。

「ニンジャ」とゆう単語を聞くたびときめく人にもオススメしたい、

中二病要素てんこ盛りの物語だ。

 

 

 

 

ハルにとっては、自分の大隊を全滅させた「シュナイダー中尉」、

通称「姫様」に対する復讐譚でもある。

ロードラントも一枚岩でなく、王政復古をたくらむ勢力がいるとか。

 

 

 

 

戦記モノは長篇になりがちゆえ、現時点では表層的な紹介しかできないが、

ポップな絵柄とはげしいアクションを両立する腕は達者で、

同作者の『メガロマニア』や『ひまわり』なども読んでみようとおもった。




戦場の魔法使い (1) (IDコミックス REXコミックス)戦場の魔法使い (1) (IDコミックス REXコミックス)
(2014/04/26)
檜山大輔

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03