井上かーく『JOB&JOY』完結 闘争の果てに

 

 

JOB&JOY

 

作者:井上かーく

発行:芳文社 2013-14年

レーベル:まんがタイムKRコミックス

[1巻の記事はこちら

 

 

 

仲よしすぎて、じゃれてるのか、マジゲンカなのか見分けがつかない。

ハンバーガー店ではたらく、かしましJK三人娘の物語は、愉快に完結。

 

 

 

 

男言葉とポニーテールが目印の「優也」(女子です)は、よりクールに。

同僚のミスを平然とカバー。

 

 

 

 

やさしいカチューシャ系女子の「綾奈」は、

「おかんキャラ」から「おばあちゃんキャラ」へ進化。

 

 

 

 

天然なヘアピン系女子の「舞花」も、人手不足でみながテンパってるとき、

マイペースであるがゆえ「逆境につよい」とゆうスキル発動。

アルバイトはドラマチック。

男泣きにむせぶ店長さん。

 

 

 

 

接客業とおもえぬ陰気な顔でおそれられる店長が、2巻の陰の主役。

ポスター貼るのに水平器をつかうなど、仕事はこまかい。

 

 

 

 

夏も休暇なんて一切とらない。

学生時代から働きづめで貯金してきた、生まれついての社畜。

 

 

 

 

舞花「やだよー暑い中ビラ配りやだー」

優也「そんなの新人にやらせとけばいいんですよ!」

店長「お前らだよ」

 

傍若無人な従業員たち。

非正規雇用がますます拡大する日本で、

「正社員vsバイト」の階級闘争が勃発。

 

 

 

 

「飲んだら時給50円減らす。」

 

控室の冷蔵庫が主戦場となる。

職場のスイーツって、なぜあんなに早くなくなるんだろ?

 

 

 

 

優也は好物のプリンに、「呪」の字をびっしり書きつらねる。

自衛しないと、生き血をすう競争社会でサバイバル不可能。

 

 

 

 

かせいだバイト代は、証券市場へ投資。

冗談にきこえない。

 

 

 

 

同級生の「いっちゃん」と「ゆっち」が御来店。

ふときづく。

ファーストフードって、女子高生の手料理がたべられる、すごい店ってことを。

袋小路の日本経済に風穴あけるかも。

 

 

 

 

乙女らの産業革命は、ケンカしてたことすら忘れるたのしさ!




JOB&JOY (2) (まんがタイムKRコミックス)JOB&JOY (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2014/03/27)
井上かーく

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  百合  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03