『ローン・サバイバー』

 

 

ローン・サバイバー

Lone Survivor

 

出演:マーク・ウォールバーグ ベン・フォスター テイラー・キッチュ エミール・ハーシュ

監督:ピーター・バーグ

制作:アメリカ 2013年

 

 

 

ノコギリの刃みたいな地形が舞台の戦争映画。

アフガニスタンの山岳での、失敗した2005年の狙撃作戦をえがく。

 

 

ベン・フォスターの瞳はうつくしい

 

 

無線が通じないなど悪条件がかさなり、

SEALsとナイトストーカーズは、手塩にかけそだてた19名をうしなう。

 

歴史上、他国からの侵略に耐性がある点で、日本とアフガンは似ている。

前者には海が、後者には山が助太刀してきた。

SEALsは、きたえあげた肉体と戦術と勇気で、自然の要害にたちむかう。

『バトルシップ』につづき、ピーター・バーグ監督の父ゆづりの海軍趣味が炸裂。

 

 

 

 

ゆえに本作は「サバイバル映画」で、古典的な「戦争映画」じゃない。

インディアンにかこまれたら騎兵隊がきて逆転、とはゆかない。

チヌークがRPGで撃墜されるときの絶望感といったら。

 

 

 

 

潜伏中にヤギ飼いと遭遇し、議論する隊員たち。

逃すか、縛りつけるか、殺すか。

 

軍隊は、学校や会社とちがい民主的だ。

将官は参謀の、小部隊指揮官は下士官の意見に、大体したがう。

組織運営の理想型といえる。

だってそうしないと自分が死ぬもの。

 

 

パッとしないエミール・ハーシュ

 

 

SEALs隊員は「ヒーロー」の範疇をはみでる。

指を吹き飛ばされても、慌てず騒がず左手にもちかえ撃ったり。

弱虫でもうしわけないが、カッコイイと憧れはしない。

 

 

 

 

タリバン兵200名に包囲されたときの退路。

陸海空を制すフロッグマンにとり、これも「道」。

 

 

 

 

苛酷な訓練もかんがえものだ。

なまじ頑丈な分、無理がきく。

死中に活をもとめ、あえなく死んだ兵もすくなくあるまい。

カエル人間の本能は、「もののあはれ」すら感じさせる。



関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03