我孫子祐『スライムさんと勇者研究部』完結 ポスト日常系の冒険

 

 

スライムさんと勇者研究部

 

作者:我孫子祐

掲載誌:『別冊少年マガジン』(講談社)2012年-

単行本:講談社コミックス

[過去の記事→1巻/2巻/3巻

 

 

 

スライムさんにゴーレムさんにキメラさん。

ドラクエ・インスパイア系のモンスター娘がすごす、ファンタジーライフ。

完結となる4巻のみどころを紹介。

 

 

 

 

最強キャラはドラゴンの「木龍栞」さん。

モンスターが勝利した世界で、政府に協力する。

さけられぬであろう、勇者らの叛乱にそなえて。

 

 

 

 

自衛隊などと合同訓練をおこなう。

国防や治安維持にたづさわるものはみな、木龍さんを尊敬。

人類の希望はモン娘に託された。

 

 

 

 

平和ボケの庶民のあいだで、多摩川の「タマちゃん」みたいなアザラシがブームに。

あれは2002年か、なつかしい。

 

 

 

 

スライムの姿で世話やくうち、母性本能にめざめたスライムさんだが、

恩を仇でかえすアザラシの、肉食動物としての野生の本能を目の当たりに。

さすが最弱モンスター、食物連鎖の底辺にいる。

ゆるゆるな様で、殺伐としてるのが本作。

 

 

 

 

無愛想なキメラさんが、部室にゲームをもってきた。

ひとりっ子なのにコントローラが四つも……そんなにみなと遊びたかったのか。

そっけないデレ方がカワイイ。

 

 

 

 

『勇者ハンター』で一狩りいこうぜ!

いかついモンスターでかこみ、レベル1の勇者をタコ殴り。

モンハンとゆうゲームの残酷な本質を炙りだす。

 

 

 

 

『スライムさん』の底流には暴力がある。

「日常」と「ファンタジー」の奇怪なキメラとゆうか。

 

さて、ここで逆説を弄してみる。

いわゆる「日常系」の源流は、『エヴァンゲリオン』ではないか。

エヴァ以降の物語は、総じて「キャラの掘り下げ」をおもんずる。

内面描写とは、すなわち両親との関係で、だから作家は「日常」にこだわる。

碇シンジの敵が、使徒よりも父である様に。

 

我孫子祐はその潮流に沿いつつ、たくみに脱臼させる。

ゴーレムさんの一家団欒の場面で、お母さんがぎっくり腰になったり。

なんとなく、クライシス。

エディプス・コンプレックスでなく、実存的不安が本作の主題。

 

 

 

 

最終話のゴーレムさんの文化祭での大演説は、素直に感動した。

愛くるしく、人をやさしい気持ちにさせるスライムには、

「勇者vsモンスター」の果てしない戦いをのりこえる力があると。

最弱ゆえの可能性。

 

 

 

 

「セカイ系」ぽい大風呂敷をひろげずに世界をかたり、

いまの空気を吸いこみつつ、肯定的な光を未来へ投射。

漫画史にのこるはずの作品だ。




スライムさんと勇者研究部(4)<完> (少年マガジンコミックス)スライムさんと勇者研究部(4)<完> (少年マガジンコミックス)
(2014/03/07)
我孫子祐

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03