犬犬『深海魚のアンコさん』2巻 百科事典的な物語

 

 

深海魚のアンコさん

 

作者:犬犬

掲載サイト:『COMICメテオ』(ジー・モード)2012年-

単行本:メテオCOMICS(フレックスコミックス)

[1巻の記事はこちら

 

 

 

世界一かわいい魚類図鑑は、2巻もぴちぴち新鮮だ!

 

ところが、マーメイドたちが夏の旅行にえらんだのは山登り。

海とか故郷だし、いまさら。

 

 

 

 

まぁ川辺でもきっちりサーヴィスするけど。

ベタの「闘魚(とうな)ちゃん」の大胆水着にときめくし、

アカメフグ「紅眼(あかめ)ちゃん」の、中二病でゴスロリなワンピースもいい。

「人魚×水着」の盛り合わせがこれほど美味とは。

 

 

 

 

渓流の女王「ヤマメさん」としりあう。

斑点模様のパーマークがすてきな美人だ。

 

 

 

 

森でクマと遭遇し、異種格闘技戦がはじまる。

ベタ子とアカメの威嚇は通じず。

 

 

 

 

そこへ渓流の王者「イワナちゃん」参戦!

悪食だからヘビやカエルなど、なんでもたべる。

 

 

 

 

トビウオの「安護翼(あご つばさ)」は、ヒーロー研究会会長(会員1名)

校内をとびまわり、窓から出入りするので先生によく怒られる。

 

 

 

 

銭湯の番頭をつとめる「四目はら仁美(よつめはら ひとみ)」。

瞳に仕切りのあるヨツメウオで、その名のとおり目がよっつ。

 

 

 

 

仕切りのおかげで水上と水面を同時にみれる。

レアな深海魚の「アンコさん」をじっくり観察。

 

この漫画はとにかく、生命の神秘に目をみはる。

神様って天才的なキャラクターデザイナーじゃない!?

 

 

 

 

コミュ障の「隠井珠緒(かくれい たまお)」はカクレウオ。

ナマコなどの腸内でくらす魚で、たまに学校にきても保健室登校。

 

毎話ニューフェイスがあらわれ、にぎやか。

「掘り下げが足りない」とか、「キャラをふやさず日常をえがけ」など注文もあるが、

批判者は、新キャラをださずにおれない作者の衝動をわかってない。

 

 

 

 

だって尋常じゃないでしょう。

肛門から侵入して、宿主と共生する習性とか。

エロすぎるし、おいしすぎる。

特にアンコさんのお尻は、ナマコみたいな弾力がたまらない。

 

 

 

 

人間界のありきたりな「日常」なんてそっちのけ。

ここにあるのは「自然」とゆう、血湧き肉躍る物語。




深海魚のアンコさん(2) (メテオCOMICS)深海魚のアンコさん(2) (メテオCOMICS)
(2014/03/12)
犬犬

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03