くまのとおる『ばけもの町のヒトビト』

 

 

ばけもの町のヒトビト

 

作者:くまのとおる

掲載誌:『月刊アクション』(双葉社)2013年-

単行本:アクションコミックス

 

 

 

ここは「さざめき町」。

「夭(あやかし)」とよばれる異形の者たちと、人間が共存している。

 

 

 

 

袴姿の、くせっ毛黒髪ショートは「雨宮しずく」。

見ためは普通だが、涙ながすと雨がふる能力をもつ「半夭(はんよう)」だ。

 

作者くまのとおるは、これが初単行本。

繊細かつ、すっきりした描線は、ボク的にどストライク。

 

 

 

 

本作は多種多様なあやかしを愛でる漫画。

ゆるキャラぽいのもいれば……

 

 

 

 

ネコバスよりインパクトある、ムカデバスなんてのも。

 

 

 

 

店先で試食したイカ的な食べものに舌鼓うつが、素材は店主のヒゲだったり。

「シャッター通り」の不景気と無縁な、独創性あふれる商店街だ。

 

 

 

 

箱からとびだしたのは、首のない女の子。

 

 

 

 

からくり人形の「御神楽くくり」は、アパートの家事全般をうけもつ。

古今東西の傀儡をあやつって。

 

 

 

 

ちょっと重い荷物は、大仏にはこばせる。

 

 

 

 

この街に深刻な対立や葛藤はみあたらず、

ヒトと魑魅魍魎がゆるゆるな日常をおくっている。

異質な存在を排除したがる風潮への、作者の異議申し立てとよめなくもない。

 

まぁ無理に時事ネタとむすびつけなくても、

やけに自然体なモン娘たちを好きにならずにいられない。

雪女の「雪野ふぶき」は、握手しただけで手が凍りつく。

 

 

 

 

怒るとビキビキ角がはえる、サブヒロイン格の「三ッ鬼乙花(みつき おとは)」。

兇暴な鬼娘だ。

 

 

 

 

秘密の趣味はコスプレ。

人間の文化にすっかりハマったらしい。

 

 

 

 

制服着るだけで化けてしまう、オンナノコの本能がいちばん特異なのか!?

ヘンテコだけど、あざとくない作風に感心。

作者は成人向けも描いてるが、そっちに染まらないでほしいかな。

いや、単行本出たら絶対買うけど。

この魔力は抵抗しがたい……。




ばけもの町のヒトビト 1 (アクションコミックス)ばけもの町のヒトビト 1 (アクションコミックス)
(2014/03/10)
くまのとおる

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03