箸井地図/坂本光陽『ハイリコ』2巻完結

 

 

ハイリコ

 

作画:箸井地図

原作:坂本光陽

発行:集英社 2012-13年

レーベル:ヤングジャンプ・コミックスGJ

[1巻の記事はこちら

 

 

 

彼女は探偵「能見マナ子」。

推理はしない。

視力と記憶力と分析力で、犯人をおいつめる。

 

 

 

 

2巻は誘拐犯「西牟田」が相手。

公園などで母親が目をはなしたすきに赤ん坊をつれさり、

15分以内にATMから「ベビーシッター代」10万円おろさせる。

 

ブキミな目玉模様の女はアシスタント。

 

 

 

 

西牟田は、藝能界で活躍する天才メイクアップアーティスト。

その変装技術は、「眼力探偵」にとり天敵。

 

 

いわゆる倒叙型であり、ネタバレではないので御安心を

 

 

なにせ正体が男とだれもきづかない。

おどろくことに、主人公「堂本」の行方不明だった父でもある。

美人探偵が接触したのは、西牟田の情報をえるためだった。

 

 

 

 

1巻では空気ぽかった主人公に、父と息子の相克とゆう見せ場があたえられる。

マナ子たんの華奢な手足をめでるだけの漫画じゃない。

 

 

 

 

ハイリコ能力(hyper recognizer)発動!

膝裏の肉割れ線から犯人を識別する。

 

 

 

 

「見当たり捜査」とゆう題材に目をつけたおもしろい作品だが、

作画に関しては、読者の注意を散漫にさせる失敗作かも。

マナ子たんの服がかわいすぎて。

 

箸井地図は、アニメ『BLOOD+』『ルー=ガルー』のキャラクター原案など、

どちらかといえばイラスト仕事がおおいひとで、デザインはお手のもの。

 

 

 

 

ノースリーヴとミニスカートがすきで、

153センチと小柄だけど、いつも高めのヒールでキレイな脚線をみせて。

各話がファッションショー状態、筋書きが頭にはいらない。

「なんか燃えてるな」って感じ。

 

 

 

 

焼け跡よりマフラーの柄に目がゆく。

無論、憂いの表情にも。

規格外の「ヴィジュアル系探偵」が異様に突出する、フシギな漫画だった。

そのヒロインは、うつくしすぎるとゆう罪をおかしていた。

 

箸井先生、今度はラブコメ寄りの作品はどうでしょう?




ハイリコ 2 (ヤングジャンプコミックス)ハイリコ 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/01/17)
箸井地図

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 箸井地図 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03