東元俊也/西条隆雄『バウンスアウト』

 

 

バウンスアウト

 

作画:東元俊也

原作:西条隆雄

掲載誌:『週刊ヤングマガジン』(講談社)2013年-

単行本:ヤンマガKC

 

 

 

六本木のクラブのVIPルームを、目出し帽かぶった10人あまりの男が訪問。

金属バットたづさえて。

 

 

 

 

1分間にわたるメッタ打ちでひとり死なせる。

のちに人違いと判明するが。

関東連合による「六本木クラブ襲撃事件」(2012年)の忠実な再現だ。

作中は「暴走連合」を称する。

 

 

 

 

下のフロアにいあわせた主人公「大和壮兵」が、無謀にもわってはいる。

「囲むケンカ」を憎悪するから。

 

 

 

 

きっかけは中学時代の恋にあった。

彼女はヤンキーで、「強くなれ」とけしかける様なタイプ。

 

 

 

 

ある日の帰り道、暴走族に強姦され命をうしなう。

少年院をでたばかりの不良の大和が、

族やヤクザをきらうのは、連中がつるんで乱暴したがるのが理由。

 

 

 

 

クラブでの奮戦をみこまれ、バウンサー(用心棒)派遣会社にやとわれる。

専用のジムをそなえた本格的組織だ。

 

 

 

 

派遣会社の会長はヤクザで、「半グレ」の暴走連合との抗争勃発。

 

大和の戦法は掌底が主体。

素手ゴロ専門ゆえ、拳をいためないスタイルなのかな。

格闘技漫画としてもたのしめる。

 

 

 

 

さんざん拷問され、裸で首都高のしたに放置される「準暴力団員」。

カタギとヤクザの境界が曖昧な時代。

六本木らしく混沌としたケンカをえがく。

 

 

 

 

盛り場に縁がなくしらなかったが、最近は「ガールズバー」とやらが人気らしい。

メイド喫茶風に、コスプレなど萌え系サーヴィスでもてなす。

 

 

 

 

リーダーの顔をみた大和をおいつめようと、暴走連合は親友の木嶋をおそう。

AV制作会社を経営してるので、融資の話でおびきだした。

工藤明男『いびつな絆 関東連合の真実』(宝島社)にも、

AV業界との関係はかいてあったしリアルだ。

 

にわかに勃興したワルの集団を礼讃することなく、

卑怯な面や、既存のヤクザとのつながりにも目をくばる意慾作。




バウンスアウト(1) (ヤングマガジンコミックス)バウンスアウト(1) (ヤングマガジンコミックス)
(2014/02/06)
東元俊也

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03