佐々木ミノル『中卒労働者から始める高校生活』第2巻

 

 

中卒労働者から始める高校生活

 

作者:佐々木ミノル

掲載誌:『コミックヘヴン』(日本文芸社)2012年-

単行本:ニチブンコミックス

[第1巻の記事はこちら

 

 

 

なすがまま、家庭教師に体をまさぐられるヒロイン「莉央」。

もう何年も何年も。

 

 

 

 

通信制高校のちょっとにがい青春をえがく力作の第2巻。

左の莉央は、フツウじゃない学校に不似合いなお嬢さま。

そのいきさつがあかされる。

 

 

 

 

虐待は小学6年のときはじまった。

いとこの「タクヤ」は、「冗談だ」とかまるめこみながら心身を蹂躙。

SOSを発するも、親戚を気づかう母へとどかない。

少女の内側にふかい傷がのこる。

 

 

 

 

親の顔がみたくなるクズだが、母親もでてくる。

「社会勉強」とか「教育方針」とか、ブルジョア的偽善を皮肉にえがく。

 

 

 

 

親のいいなりで、デパートでバイトすることになったタクヤだが、

客に説教するなどコミュ障ぶりを発揮。

 

皿をクール便と一緒に配送すれば1個口分の送料ですむなんて、

妙に具体的なエピソードがおもしろい。

 

 

 

 

劣等感のかたまりで粗暴な主人公「マコト」は、

年上で子もちの女性「若葉さん」としたしくなる。

 

 

 

 

おもわず同級生にキスしたと職場の同僚にうちあけたら、

「子供を半日あづかるから」と熱烈に支援される若葉さん。

「押すとき押さないと後悔するよ!?」

 

通信制の日常は、多様な人生が交錯するモザイク。

作者にとって傷であり宝物でもある記憶が、作品をゆたかにする。

 

 

 

 

窓をやぶりヒロインの危機に馳せ参じた主人公。

ただリアルなだけでなく、ヒロイックな物語でもある。

 

 

 

 

ホンネをぶつけあう、わかいふたり。

底辺でも上流でも、人間は大抵よわく傷だらけで、おびえつつ生きている。

それをおおらかに肯定するカタルシスが、本作最大の美点。

 

 

こうゆう兄妹の絵によわい

 

 

天真爛漫な妹かつ同級生「真彩」の出番すくないのが不満だが、

かわりに表紙で大々的にフィーチャーされ、結局文句なしの第2巻だ。




中卒労働者から始める高校生活(2) (ニチブンコミックス)中卒労働者から始める高校生活(2) (ニチブンコミックス)
(2014/01/29)
佐々木ミノル

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03