『新世紀エヴァンゲリオン』8話「アスカ、来日」

2014年01月28日17:03  アニメ 写真あり

 

 

アスカ、来日

 

テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』第8話

 

出演:緒方恵美 宮村優子 三石琴乃 山寺宏一 岩永哲哉 関智一

演出・絵コンテ:鶴巻和哉

脚本:榎戸洋司 庵野秀明

監督:庵野秀明

キャラクターデザイン:貞本義行

アニメーション制作:タツノコプロ GAINAX

放送:1995年

 

テレビ版のエヴァをみている。

やはりアスカ登場回に感銘うけた。

 

 

 

 

「赤いんだ、弐号機って。しらなかったな」

「ちがうのはカラーリングだけじゃないわ。

しょせん零号機と初号機は、開発過程のプロトタイプとテストタイプ。

これこそ実戦用につくられた、世界初の本物のエヴァンゲリオンなのよ!」

 

やたら高圧的なセカンドチルドレン。

必殺の決めゼリフ「あんたバカァ!?」もすでに8話でかましており、

ひととなりをAパートだけで説明しきっている。

 

 

 

 

絵としての斬新さ、はげしいアクション、鬼面人をおどろかす設定、キャラの魅力、

個々の葛藤をえぐるきびしさ、それらすべてまとめる威勢よい語り口。

いまみてもこのアニメは突出している。

モノリスみたく屹立している。

 

ゆえに語られつくされてもいる。

たとえば「セカンドチルドレン」なる語は、「序数詞+複数名詞」で文法的におかしいが、

それに気づいたひとは五千人くらいいそう。

 

 

 

 

第6使徒ガギエル襲来をうけ、無断で迎撃の準備をするアスカ。

 

 

 

 

プシューッ。

なんとうつくしいシルエット。

 

 

 

 

「……アスカ、いくわよ」

 

アスカがアスカを鼓舞する。

横顔は勝ち気さより、繊細さをにじませる。

のちの悲劇を暗示してもいる。

 

 

 

 

加持とはなす場面も詩的。

手すりから足をぷらぷら。

幼女みたくあどけなく、男まさりで大胆不敵。

 

まさに神話的存在で、しかも物語はいまだおわってない。




新世紀エヴァンゲリオン TV版 プラチナ コンプリート DVD-BOX (全26話+ディレクターズカット版4話, 660分) [DVD] [Import]新世紀エヴァンゲリオン TV版 プラチナ コンプリート DVD-BOX (全26話+ディレクターズカット版4話, 660分) [DVD] [Import]

関連記事
前の記事 次の記事