紺野あずれ『私立はかない学園』

 

 

私立はかない学園

 

作者:紺野あずれ

掲載誌:『コミックハイ!』(双葉社)2013年-

単行本:アクションコミックスコミックハイブランド

 

 

 

学業優秀、品行方正、容姿端麗。

全校の支持をうけた「清和院花緒」は、生徒会長にえらばれる。

就任の挨拶で新校則を宣言。

 

「パンツ着用禁止」がそれ。

 

 

 

 

さつそく翌日から施行。

校門で風紀委員がスカートのなかをチェック。

 

 

 

 

なにかの拍子でまる見えになるかもしれない。

女子生徒はみなモジモジ。

 

 

 

 

会長ひとりだけ優雅にふるまう。

花緒は生まれて一度もパンツはいたことがない。

鉄壁ガードが、洗練された身のこなしをうむ。

 

『ストライクウィッチーズ』とおなじく変態を堂々肯定し、高貴さをきわだたす。

 

 

 

 

男子もパンツ禁止。

下半身の異常があらわになるので、問題はある意味女子より深刻。

節制をもとめる会長のたくらみか。

 

ちなみにアンスコもだめで、女子テニス部員は窮地におちいる。

(個人的にノーパンのラクロス女子がみたい)

 

 

 

 

ヒロインの「深草夕夏」はおもわぬ恩恵をこうむつた。

ガサツで同性にしかモテないのに、

はいてないのを恥じる姿が男心をつかみ、ラブレター三通。

ノーパンは少女をオンナにかえる。

 

 

 

 

「はいてないと痴漢の被害が甚大」との苦情をうけ会長は譲歩し、

登下校中のパンツ着用をみとめる。

かわりに「下着ロッカー」での脱衣を強制。

 

 

 

 

「わざわざ脱ぐ」とゆう行為は、「はいてない」ことより恥づかしい。

 

ドレスコードの文化が繊細で微妙とわかるし、

逆にみんな一緒だと案外平気なのもおもしろい。

服装は間主観的な事象で、真剣な哲学的検討にあたいする。

 

 

 

 

ひたすらパンツの話題に終始する本作が(さほど)猥褻に感じないのは、

ノーパンを倫理思想の域へたかめた花緒の高潔さゆえ。

スカートの中身が、世界をうごかす。




私立はかない学園(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))私立はかない学園(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
(2013/12/12)
紺野あずれ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03