菊池まりこ『カプチーノ』

 

 

カプチーノ

 

作者:菊池まりこ

掲載誌:『ハルタ』(KADOKAWA)2013年-

単行本:ビームコミックス

 

 

 

16歳の「涙川克美」。

ウブすぎ恋愛漫画すら直視できないネンネ。

コーヒーはにがくてダメ。

 

 

 

 

強引にさそわれた合コンから脱出するため、カラオケ店員が彼氏といつわる。

ひよんなことからカップル誕生。

 

 

 

 

形だけデートするはめになり髪をきりにゆくが、バカ美容師にザックリやられ大失敗。

唯一の長所であるキレイな髪すらうしない、色気ゼロに。

 

 

 

 

雑貨屋で「あの子かわいい」といわれよろこんだら、男にまちがえられたとしり落胆したり。

 

……とまあ、それだけの古風なラブコメ漫画。

中二病とか腐女子とか非リア充とか、時代に媚びた設定まるでなし。

よくこれで企画とおつたと感心する、自由放任の『ハルタ』らしい作品だ。

 

 

 

 

ゆえに新人作家のスッピンの魅力が炸裂する。

「かわいいヒロインをかきたい!」とゆう衝動が。

 

なお克美が男にふれた経験は、先生が食中毒でたおれたときのみ(長谷セン食中毒事件)

 

 

 

 

「萩原」の手をにぎろうとねらう姿勢は、レスリング選手さながら。

グレコローマンスタイル。

 

 

 

 

せつかくの水着回はパーカーで鉄壁ディフェンス。

 

 

 

 

誕生日プレゼントをわたしにいつたら、キャンパスのひろさに圧倒される。

井のなかの女子高生、大学をしらず。

 

 

 

 

コスプレと勘ちがいされ、サークルに勧誘されたり。

日常エピソードのつみかさねが、ほのぼのたのしい。

 

 

 

 

萩原の元カノの噂をきいて一週間泣きくらす。

友人らは応援する様な、おもしろがる様な。

「恋とかわかんない」のモンチッチが、いつのまに嫉妬でくるしむオンナに。

 

秋月りすの長期連載『OL進化論』になぞらえるなら、本作は「JK進化論」。

 

 

 

 

恋、つまり自我にめざめたJKは、だれもとめられない。

世界は彼女の手中にある。

 

 

 

 

地上最強の生物は女子高生。

自明の理をためらわず宣言するいきおいが、さわやかで好感もてる。




カプチーノ 1 (ビームコミックス)カプチーノ 1 (ビームコミックス)
(2013/11/15)
菊池まりこ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03