CHuN/巣山真『死神様と4人の彼女』

 

 

死神様と4人の彼女

 

作画:CHuN(Friendly Land)

原作:巣山真

掲載誌:『月刊ガンガンJOKER』2013年-

単行本:ガンガンコミックスJOKER

 

 

 

死神をなのる黒髪ツインテ少女にころされた。

「非リア充は死ね」といわれて。

テンプレ台詞の逆。

社会的に不要だから排除する。

 

 

 

 

主人公は中2の「水無口薫」。

『君に届け』など少女漫画を愛する草食系で、「オカマ」とからかわれる。

当然カノジョなし。

 

 

 

 

いまわの際にもらしたつぶやきで、冥界ゆきはキャンセル。

これからリア充になる予定の魂は不干渉。

 

死神の「愛離」の挙措動作が愛くるしい。

 

 

 

 

ダメもとで校内の四大美女にラブレターだしたら、奇跡的に全員OK!

愛離が現世をはなれる三か月後まで、四股関係続行。

でないとまた殺される。

わりと切羽つまつたハーレムラブコメ。

 

 

 

 

カノジョたちは親身に主人公の世話をやく。

風邪(假病だけど)ひいたら、学級委員長の「海飼リサ」さんが見舞いにきたり。

マスクごしでもわかるほどの美人。

ゆたかな胸もすてき。

 

 

 

 

頭でつかちな残念美人でもあるが。

 

 

 

 

そこへ現役アイドル「小早川ゆい」先輩が訪問。

(期待どおりの)修羅場がはじまる。

 

 

 

 

ゆい先輩はふたりきりになると噛みついてくる。

アマガミとゆう加減でなく、本気の喰いちぎり。

新人アイドルは、真性サディストだつた。

 

無邪気な笑顔は、しつけに失敗した仔犬みたい。

中華民国出身のCHuNによる作画は、緩急きいたみごとな腕前。

 

 

 

 

いわゆるアニメ調の絵柄だが、デッサン力や構成力がたかく、よみごたえあり。

作者は『Battleship Girl -鋼鉄少女-』をてがける皇宇(ZECO)と同人で、

台湾絵師の時代がくるのかもしれない。

 

 

 

 

1年の「大河原エミリ」ちやんは無口系のお嬢さま。

肩パンがするどい。

ひと癖ある五人のヒロインは粒ぞろい、自信もつてオススメできる作品。

 

ラノベ風の小説をかいてわかつたが、ハーレムラブコメは吸引力がある。

つぎつぎ女の子をだし、順にフラグたてるのがたのしい。

男の本能が刺激されるとゆうか。

日本初の文化として、一層グローバル化してゆくのだろう。




死神様と4人の彼女 (1) (ガンガンコミックスJOKER)死神様と4人の彼女 (1) (ガンガンコミックスJOKER)
(2013/11/22)
巣山 真、CHuN(Friendly Land)

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03