『僕は友達が少ない』にみる友愛思想

『僕は友達が少ない』(テレビアニメ/2011年)

 

 

「主はおっしゃった、『右の頬をぶたれたら、左の頬をさしだしなさい』と」

なんていって、左のほっぺまでぶって……い、痛かったのだ!!

 

平坂読の小説『僕は友達が少ない』第1巻が刊行されたのは2009年、

鳩山由紀夫内閣が発足したのとほぼ同時だ。

このシンクロニシティが本稿の主題。

 

 

 

 

「聖クロニカ学園」の礼拝堂第4談話室。

ながい黒髪が自慢のヒロイン「三日月夜空」がノックしてはいる。

幼女シスターがいねむりしてた。

「高山マリア」、10歳ながら一応先生である。

 

 

 

 

礼儀ただしく、あたらしい部活動の設立をねがいでるが、にべもない。

「ヤダ! そんなん知るかウンコ!

ここはわたしの神聖なお昼寝ルームなんだから、貴様みたいなクズは帰れ!」

 

 

 

 

(くぉの……ガキ……)

 

 

 

 

ためらいなく平手打ち。

イエスさまの寛容のおしえで正当化しつつ、追撃。

グウの音もでない。

 

 

 

 

そのいきおいで「お昼寝ルーム」を占領、部室を確保。

ほめてその気にさせ、ポテチなど餌でも懐柔、マリア先生を顧問にしたてる。

「三日月夜空は隙がない」。

 

 

 

 

はれて「隣人部」創設!

キリスト教精神にまなびながら、友愛をはぐくむ少年少女たち。

 

 

 

 

鳩山由紀夫は「はがない」をよむべきだつた。

基地移設問題の解決策が書いてあるから。

「普天間をさしだしたら、横田もさしだせ」

矢継ぎ早の要求で、つけいる隙をあたえない。

 

 

 

 

太平洋戦争にも応用可能。

ちよろつと真珠湾をたたいて満足したのがまちがい。

返す刀でインドへ侵攻、チャンドラ・ボースをおくりこみイギリスから独立させる。

さらにスエズ運河をおとし、ドイツ軍と合流。

 

米英は鬼畜だが、聖書とかゆう戯言を信じるマヌケでもある。

野蛮な本性をあらわすまえに、偽善者の假面ごとねじふせろ。

いづれ痛烈な反撃をくらうが、だからこそ敵の心胆をさむからしめ、

すこしでも戦意をにぶらせ、外交的解決の道をひらくべし。

 

 

 

 

「攻撃的友愛思想」。

これぞ「大東亜共栄圏/東アジア共同体」実現の必須条件だ!

 

 

 

 

ラノベやアニメつて結構ふかい……気がする。




僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
(2012/01/13)
木村良平、井上麻里奈 他

関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03