竹林月『ひかるtoヒカリ』

 

 

ひかるtoヒカリ

 

作者:竹林月

掲載誌:『わぁい! Mahalo』(一迅社)2012年-

単行本:わぁい!コミックス

 

 

 

地元の「春祭り歌姫コンテスト」のステージ。

ツインテの「美少女」がもじもじする。

 

 

 

 

こんだけカワイイのだから無論、男の娘である。

小学生の「双葉ひかる」は、近所のお姉さんに強制的にエントリーさせられた。

親戚の「ヒカリ」となのつて。

姉は暴君。

 

 

 

 

もとめられたら、期待されたら、こたえるのが漢。

急造ローカルアイドルは、会場をおおいに沸かせる。

 

「男の娘」の定義をめぐる論争にくみする気はないが、

「侠気」の有無がカナメなのは、異論ないところだろう。

カワイイだけなら、女で十分なわけで。

 

 

 

 

サッカー少年の友人「ユート」の応援にきたが、声をだせない「ひかる」。

このままでは負けてしまう。

アヤ姉ちやんにあきれられるが、

そもそも徒党をくまずに声援おくるのは、日本人にはむつかしい。

 

 

 

 

だからチアの衣装にきがえた。

はじめて自発的に。

 

女装は「あとに退かない」とゆう覚悟のあかし。

ほとばしる熱い友情!

 

 

 

 

美少女から贔屓されて無理ないが、ユートはヒカリにぞつこん惚れこむ。

誘いをことわれず、水族館でデートすることに。

 

竹林月は男性作家のわりに、衣装が凝つている。

髪型まで毎話かわる、着せかえ人形的たのしさ。

「男の娘」はどちらかといえば、新人がてがけるニッチなジャンルだが、

2005年デビューの作者による真摯なとりくみに敬意を表したい。

 

 

イルカショーで水をあびたのでTシャツにきがえた

 

 

イルカにさわつたり、クレープたべたり。

ひかるは根が素直だし、まだ小学生だし、日が暮れるまでデートを満喫。

ユートのおもいつめた表情にきづかず。

 

 

 

 

真正面から堂々告白される。

こうなることはわかつてよいのに、ウブすぎて。

 

気持ちはうれしいけど、わたし……いやボクは男なんだよ……。

なのにドキドキがとまらないのはどうして?

 

 

 

 

男の娘の人生は、修羅の道。

一歩ふみだせば、もうひきかえせない。




ひかるtoヒカリ(1) (IDコミックス わぁい!コミックス)ひかるtoヒカリ(1) (IDコミックス わぁい!コミックス)
(2013/10/19)
竹林月
関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 男の娘  ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03