戦後最高の首相、鳩山由紀夫

 

 

鳩山由紀夫が首相に在任した9か月が、歴史の範疇にふくまれつつある。

孫崎享・植草一秀との鼎談書『「対米従属」という宿痾』(飛鳥新社)で検證しよう。

 

その濃密な日々は、日本のただしい航路をさだめた。

政権がつづけば、消費増税もTPP参加も尖閣問題もオスプレイ配備も原発再稼働もなかつた。

予算編成では医療費・教育費を大幅にあげ、雇用をうみだす。

「子ども手当」は、利権が発生しないゆえ財務省などの抵抗にあうが、

土建屋と金貸しだけよろこぶアベノミクスより、よほど有効な「バラマキ」だつた。

環境問題においては、「鳩山イニシアチブ」が評価される。

 

在任中、そしていまも、政策それぞれの具体的内容は議論されない。

マスメディアは激烈に、全人格的な攻撃をおこなう。

「鳩山恐怖症」とでもよぶべきか。

かれのかかげる「友愛精神」を、脅威と感じるのだろう。

 

 

1979年5月31日付『読売新聞』社説

 

 

友愛の思想は、祖父ゆづり。

鳩山一郎は1956年、領土問題よりシベリア抑留者の生命をおもんじ、

病身おしてモスクワへとび、ソヴィエトと国交回復した。

「二島返還」の方針は、アメリカに妨害されたが(ダレスの恫喝)。

 

孫の由紀夫は政界引退後のことし1月、支那をおとづれ尖閣問題をかたつた。

むこうは戦争も辞さぬ覚悟で元首相をむかえたところ、

鳩山の「棚上げ論」は鎮静をもたらし、平和解決のため貢献。

かたや安倍政権とマスメディアは、感情的に反撥し醜態さらしたが、

当の読売新聞が1979年の社説で「棚上げ論」を説いたことを、どう説明するのか?

 

くわしくは上掲書などよんでほしいが、北方・尖閣・竹島の三つの領土問題すべてに、アメリカが関与する。

日本が周辺諸国とよしみをむすぶのは、米国の不利益だから。

 

 

 

 

ウィキリークスが暴露したアメリカの秘密文書のなかに、カート・キャンベル国務次官補の文書があつた。

「日本の外交窓口を鳩山-小沢ラインから、菅-岡田ラインへきりかえる」とゆうもの。

両国の官僚の密約で、外交はうごいてゆく。

 

首脳同士の関係はきわめて良好だつた。

バラク・オバマの鳩山への心づかいは、ケネディの原書をおくるなど、意外なほどこまやか。

ともに理想家肌のインテリで気があうらしい。

「トラスト・ミー」発言の報道されなかつた文脈も、鼎談書にある。

 

 

裕仁

 

 

普天間基地移転をめぐるゴタゴタは、鳩山政権を短命におわらせたが、

いまや基地を沖縄におく意味などないのに、ばかげた話だ。

冷戦期ならともかく、支那を假想敵国とするなら、ちかすぎる。

めあては「思いやり予算」。

米軍が日本にいるのは、軍事的でなく経済的理由から。

 

すこしばかり昭和史をまなぶと印象にのこるのは、裕仁の存在感。

基本的に頭がよいし、狡猾だ。

戦後日本は、裕仁のつよい意向にもとづき、米軍の駐留をみづからもとめた。

番犬に餌をやり、革命から身をまもる。

わが国の対米追従派を「アメリカの犬」とよぶが、むしろ米軍こそ「天皇の犬」。

共和制によらずして、日本の独立はない。

 

 

 

 

昨年のイラン訪問についても、国民は情報操作をうけた。

イラン大統領府のサイトに、曲解された鳩山の発言が掲載されるが、

本人の抗議によりすぐ削除され、イラン政府は幾度も謝罪した。

正気を失した日本のメディアは、「プロパガンダに利用された」と大騒ぎ。

 

イラン国民のあいだで日本の人気はたかく、

中東の原油に依存する日本にとつても、イランは最重要国のひとつ。

だからこそアメリカは、口だしをきらう。

 

鳩山の行動は「二元外交」と批判されたが、笑止千万。

外交は、国全体のリソースを投じおこなうもので、外務省の専管事項でない。

たとえ外務大臣がおとづれても、カウンターパートの外務大臣が応対するだけだが、

元首相なら大統領を会談の場へひきずりだせる。

米国のカーター元大統領がそうした様に。

 

ハトヤマ恐怖症の面々には気の毒だが、

世界で友愛を説く「宇宙人」の活躍に、かれらは歯ぎしりをつづけるだろう。




鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)「対米従属」という宿痾
(2013/06/08)
鳩山由紀夫、孫崎享、植草一秀
関連記事

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03