吉富昭仁『へんなねえさん』

 

 

へんなねえさん

 

作者:吉富昭仁

発行:太田出版 2013年

レーベル:F COMICS

 

 

 

帰宅したら、姉さんがいた。

ひとりつ子なのに。

両親は平然とする。

「ゆーくん、頭でも打ったの?」

 

 

 

 

ゆーくんは「姉モノ」ラノベの愛読者だつた。

つよい願望がうみだした妄想か?

 

 

 

 

夢にみた美人姉が隣室にいて、ねむれるはずない。

しのびこむと、全裸でベッドに。

ただ背中のシールがはがれかけており、したにチャックが。

 

話のつづきは本記事の後半で。

 

 

 

 

 

 

別の短篇「あしたのあたし」は、セルフ百合の傑作。

 

「あたし」の部屋にある姿見は、24時間まえにつながるタイムトンネル。

あしたのあたしが、きのうのあたしに会いにくる。

あたし、だいすき。

 

 

 

 

抜き打ちテストだつて完璧。

今日はあたしが当番だから、きのうのあたしにメモをわたす。

あたしは無敵。

 

 

 

 

このメモはあしたのあたしがくれたものだけど、

あしたのあたしは、あしたのあしたのあたしからもらつたのかな。

それならメモはボロボロになりそうだけど。

ま、いつか。

あたしはあたしなんだから。

 

 

 

 

 

 

表題作へもどる。

 

チャックをおろしたら、あきらかに年下の女の子がでてきた。

おこすとまだ姉のふり。

 

 

 

 

「え……えーと……あなたの可愛い妹だよ! にゃん♡」

ニャンコポーズでごまかされる。

 

妹を酷愛し、姉を憎悪するボクが、ヴェテラン吉富昭仁の単行本をはじめて買つた。

「姉モノ」のなかに「妹モノ」を本能で嗅ぎとつたらしい。

自分の嗅覚にびびつた。

 

 

 

 

突如あらわれた姉/妹は、宇宙人があやつるロボットで、ゆーくんの「シラコ」を回収するのが目的。

 

姉や妹、顔や髪型、胸や尻……ボクらが血相かえ執着する属性は、ただの「皮」にすぎない。

精子をばらまかせるためのスイッチ。

 

 

 

 

「あしたのあたし 2」

 

 

淡白な、わるくゆうと金太郎飴的な吉富の画風が映える、オンナノコの宇宙。

 

美人とブス、巨乳と貧乳、年上と年下、家族と他人……どれも相対的概念で、

神さまがあつらえた単なる進化の装置で、それでもあたしはここにいて、

あたしはあたしがだいすきで、あたしはあたしに愛されて、

あたしはあたしの姉で妹で母で娘で、かつだれでもなくて、

きのうもけふもあしたも、あたしはあたしだけの共和国でしあわせなの。




へんなねえさん (F COMICS)へんなねえさん (F COMICS)
(2013/10/10)
吉富昭仁

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03