『ラブライブ!』 ちいさな巨人、矢澤にこ

 

 

ラブライブ!

 

出演:新田恵海 三森すずこ 内田彩 南條愛乃 徳井青空 Pile

監督・絵コンテ:京極尚彦

脚本:花田十輝

アニメーション制作:サンライズ

放送:2013年

[第9話の記事はこちら

 

 

 

スクールアイドルの全国大会「ラブライブ!」出場をかけたステージで、

無理をかさね体調くづした穂乃果がたおれる。

泡ときえた夢。

 

 

 

 

にっこにっこにー!

廃校をまぬがれたことをいわう「μ's(ミューズ)」の面々。

複雑な心境で。

 

 

 

 

かくしていたこと。

ことりがイギリスへ留学すること。

ライブを邪魔したくないからとはいえ、ひとことも相談なかつたのを責める。

 

 

 

 

問い詰めたところで、得するものはいない。

号泣しながら部屋をでる、ことり。

 

シリーズ構成が花田十輝のせいか、本作は文化系女子のゆるふわな日常、

つまり『けいおん!』のオイシイ部分をうつすらなぞる。

それでいて劇的。

髪のながれのうつくしさ!

 

 

 

 

ついにμ'sが空中分解する、屋上でのケンカの場面。

手のひらかえしアイドルを否定した穂乃果に、にこにーがキレる。

 

 

 

 

涙ぐみながら、それをとめる真姫。

だれもわるくないはずなのに、こんなことになるのがかなしい。

くちびるをかむ表情にこもる、クールな彼女の仲間へのおもい。

 

直截な感情のぶつかりあいに、視聴者の心もみだれる。

 

 

 

 

ますます殻にとじこもる穂乃果。

とびきりの笑顔が、最低の仏頂面に。

「やめます……わたし、スクールアイドルやめます」

オモチャをとりあげられた子どもの様にヘソをまげる。

みんな一緒でいられないなら、μ'sなんてなくなればいい。

スクールアイドルなんてどうでもいい。

もう自分と関係ない。

 

 

 

 

一同ただ唖然。

必死に校舎をかけまわり、ゼロから9人組をつくりあげた張本人でないか。

 

 

 

 

屋上をさろうとする穂乃果においすがり、海未が平手打ち。

心の方が何倍もいたい暴力。

 

巨大ロボットはでなくとも、この熱さはまさにサンライズのアニメ。

 

 

 

 

μ'sは休止したが、にこにーはあきらめない。

1年生ふたりをつれ新ユニット結成。

なぜそこまでと、穂乃果に不思議がられる。

 

 

 

 

好きだからよ……にこはアイドルが大好きなの!

みんなの前で歌って、ダンスして、

みんなと一緒にもりあがって、また明日からがんばろうって、

そうゆう気持ちにさせることができるアイドルが、わたしは大好きなの!

穂乃果みたいにいい加減な「好き」とはちがうの!

 

 

 

 

わがままで裏表ありすぎでチビでアイドルオタクで……。

すべての言動がネタあつかい、つねに放置プレイされてきた部長、

人望も貫禄もまるでない最上級生が、最後の最後に本作の主題を体現。

ガンダムからはじまつた日本アニメの近代化は、矢澤にこで完成した。

 

 

 

 

自分の気持ちに正直になること。

だれかがワガママをいわなければ、なにもはじまらないこと。

ながされないこと。

こわがらないこと。

そして、いまどき恋愛映画でもみない様な空港での一幕をもち、終演をむかえる。

 

 

 

 

本作を象徴するキャラクター、矢澤にこをボクはうまくかたれない。

泣くほど感動したのだけど。

あるアマゾンレヴューを引用し、しめくくろう。

 

普段はギャグ要員兼マスコットであり、

最上級生であることを微塵も感じさせないけれど、

大事な場面、要所要所でアイドルに賭ける誰にも負けない

熱い情熱を見せるにこ先輩は、やっぱり先輩でした。

やはりこういう、一本芯が通ったお方がいてくださったからこそ、

物語に深みが生まれたのだと思います。

アニメ「ラブライブ」の面白さをその小さな体に集約するにこにー先輩は、

人気No.1アイドルとなるべくして生まれたお方であり、

ただ画面に存在しているだけで光を放つ特別な存在です。

 

「0018」によるレヴュー




ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/22)
新田恵海、南條愛乃 他

関連記事

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03