野広実由『惑い星と花』

 

 

惑い星と花

 

作者:野広実由

発行:竹書房 2013年

レーベル:バンブーコミックス

 

 

 

成長痛できしむ手足。

ときおりむずがゆい乳首。

自分の体なのに、さわるのがためらわれる。

四コマ漫画で、はかなくうつろう女子中学生の日々を素描。

 

 

 

 

美術の授業で百合をえがく。

濡れためしべが卑猥にみえる。

静物画なのに自画像みたくて、とまどう。

 

 

 

 

2年に進級し、京都奈良へ修学旅行。

三日めは自由行動。

なめらかなジェラートをわけあうカップルを正視できない。

 

 

 

 

自分に好意よせる同級生と談笑。

かまえず会話はづむのがふしぎ。

時間は親和力。

潔癖な少女すら、異性との距離がちぢまる。

 

 

 

 

 

 

浜田先生と江藤先生はもと同級生で、出身中学でおしえる。

男にフラれ酔いつぶれる姿に成長のあとなし。

 

 

 

 

ふたりの中学時代もかたられる。

性器をもとに、男女の優劣を論ずる江藤さん。

思春期女子の葛藤に、ふるいもあたらしいもない。

 

 

 

 

江藤は奇麗なものがすき。

スケッチブックに浜田の足をかいたり。

 

 

 

 

醜悪なものがきらいで学校はやすみがち。

生理が数か月とまつてるとはなしたら、売春して妊娠中絶したとか、虚言をながされる。

教師としてもどるまで、母校をさる。

 

 

 

 

 

 

教え子たちは3年生に。

髪をきつた「千紗」は男の子みたいだが、でもやはりオンナノコ。

むしろ短髪がたおやかさを顕在化。

 

 

 

 

一途に自分をしたう後輩にキスされる。

わかれの季節ゆえのあせり。

このまま時におしながされたくなくて。

たとえ傷つき、傷つけるとしても。

 

 

 

 

異性愛を主眼とする本作は、狭義の「百合漫画」にあたらないが、

一輪の花のごとき、女子中学生のみじかい生をきりとることで、

ボクがよんだどの作品より、こまやかに百合のにおいたちこむ。




惑い星と花  (バンブーコミックス)惑い星と花 (バンブーコミックス)
(2013/08/27)
野広実由

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03