中山敦支『ねじまきカギュー』11巻 故ある停滞

不穏なうつくしさの暗雲

 

 

ねじまきカギュー

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2011年-

単行本:ヤングジャンプ・コミックス

[以前の記事→1-4巻/5巻/6巻/7巻/8巻/9巻/10巻

 

 

 

敷地内に国会議事堂のある高校もめづらしい。

生徒会長・衿沙が精神的にころされ再起不能、選挙をおこなう。

だから国会てわけで、ベタにゆくときはベタなのが中山敦支。

 

漫画の長期連載は、作家の成長を阻害しがち。

一度もバトルがない本巻は、もつともつまらない。

拳で哲学をかたる乙女らは、ふりあげた腕をおろすタイミングがみつからず迷走。

 

 

 

 

会長不在の校内の自治権は、SSぽい選挙管理委員会へうつる。

ナチスの擡頭が、人権をおもんずる先進的な共和政でおきた皮肉をにおわす。

 

 

 

 

選挙違反者に対する弾圧は、作中類をみない残忍さ。

民主主義という暴君。

 

「ハル・ノート」への言及が。

『週刊ヤングジャンプ』の巻末コメントで、尊敬する人物に栗林忠道をあげてたし、

作者の関心はあきらかに「第二次世界大戦」へむいている。

これまでレオナルド、ニーチェ、ピカソなど、「ヨーロッパ文化」が参照元だつたが。

 

 

 

 

立候補した女子四名。

共学校なのだが。

 

右下は「富楽杏音(ふらく あんね)」。

ここにナカヤマらしさをみる。

第二次大戦をネタにするにしても、ストパンやガルパンの脳天気さはない。

アンネ・フランクの人生とむきあつたうえで、あえて堂々萌える。

 

 

 

 

「満村万里倫(まりりん)」が、輿論調査で他を圧する支持をえた。

きゃりーぱみゅぱみゅインスパイアなファッションモンスターは、ヒトラーばりの人心掌握力をもつ。

 

 

 

 

2013年、アイドル独裁の時代。

AKBをくさすやつが、ももクロの信者だつたりして。

ミニスカートに幻惑され、老若男女は思考停止。

 

 

 

 

本作自体、オンナノコの艶姿がウリの漫画なのに、

それを糾弾する両義性が作品に奥ゆきもたせる。

 

まりりんの選挙参謀が、子猫とたわむれるマブルゥ(支持率0.2%)をみて、

「ヤンキー子猫理論」のパフォーマンスとうたがい勝手にあせつたり。

 

 

 

 

『ねじまきカギュー』11巻をたとえるなら、第二次大戦前夜。

ヴァイマル共和政であり、大正デモクラシーだ。

それは現代の日本、そして世界でもある。




ねじまきカギュー 11 (ヤングジャンプコミックス)ねじまきカギュー 11 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/08/19)
中山敦支

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03