追憶の回転ドア ― 『都会のアリス』をみて

イェラ

都会のアリス
Alice in den Städten

出演者:リュディガー・フォーグラー イェラ・ロットレンダー リザ・クロイツァー
監督:ヴィム・ヴェンダース
(一九七三年/西ドイツ/百十分)
[早稲田松竹で鑑賞]


オレは出不精というか、インドア愛好者なので、
みずからすすんで旅行にでかけたことがない。
そんなヒマがあれば本棚のあれこれに目をとおしたいし、
ここにかきたいネタも沢山待機しているから。
そもそも、自分の嗜好に最適化している生活空間をすてて、
みしらぬ土地へでかけるという心理が理解できない。
でも、そんな不健康な趣味には縁がない世人は、
季節がかわるたびに、貴重な時間と財産を観光業者に献上している。
さて、いわゆる「ロードムービー」の古典である、
『イージー・ライダー』が公開されたのは、
輸送や通信の手段が発達し、
「観光旅行」が一般化しはじめた一九六九年。
この映画様式では、オンボロ車での珍道中におこるできごとや、
人々とのであい、道づれとの他愛ないケンカなどをフィルムにおさめる。
正直にいうと、オレの苦手な分野。
映画はスタジオのなかで、手のこんだセットをたてて、
リハーサルを入念におこないながらつくるのが最善のはず。
なのに大抵のロードムービーは、旅先で即興的にカメラをまわし、
あとで気のきいた場面をいい加減につないで完成。
たのしめるのは現場にいた当事者だけ、としかおもえないような、
ホームビデオまがいの作品をこれまで何度かみせられてきた。


一九七三年の『都会のアリス』は、
偶然にであった三十一歳の物書きと九歳の少女が、
アメリカ、オランダ、ドイツをめぐるロード・ムービー。
主演のリュディガー・フォーグラーのやさしい表情が印象にのこる。
もともと旅行記をかく依頼をうけてアメリカを旅していたフォーグラーは、
インスタントカメラで写真をとるばかりで、文章をかくことができない。
ポラロイド、なつかしいひびき。
その場で現像された写真をながめながら、
「なんでオレは見たままをかけないのだろう」となげく主人公に、
映画作家のくるしみ、もどかしさがかさなりあう。
要するに本作は、月なみな旅の記録ではなく、
試行錯誤のなかで真摯につくられた藝術作品だ。
この場所で風景をきりとり、役者に台本をしゃべらせることに、
一体どんな意味があるのか、と自問自答する緊張感がある。
カメラ市場においては、手軽さがうりのデジタルカメラに、
アナログのインスタントカメラは淘汰されたが、
それでも液晶モニターごしの映像は、紙にやいた写真とはまったくちがう。
中盤で、少女アリス役のイェラ・ロットレンダーがカメラをかりて、
フォーグラーをうつすところがある。
やきあがった写真をみるイェラの顔がぼんやりと表面にうつり、
フォーグラーの顔とかさなる。
たとえようもないほどみずみずしく、抒情的な光景なのだが、
あんな不思議な光のぐあいをどうやって撮影したのだろう。
まさにアナログの技術の粋だ。


イェラ・ロットレンダーは、つねに表情ゆたかで愛くるしい。
前作の『緋文字』で仲がよかったふたりを軸にして一本とってしまう、
ヴェンダースの配役の妙技がひかっている。
イェラは上半身はだかで平気で公園をあるきまわるが、
第二次性徴があらわれる直前の女の子らしい、
無邪気さと不機嫌さが同居するさまが愉快だ。
口をひらけば「おなかすいた」といってフォーグラーをこまらせるが、
かれがほかの女に興味をもつと、
ほのかに嫉妬心をみせるおませさんでもある。
ただ、子役の魅力にたよりすぎの部分もあるかな。
子どもや動物がかわいいのはあたりまえで、
それをわざわざ映画館にでかけてたしかめる必要はない、
というのがオレの持論。
主役のふたりがであうのは、空港の回転ドア。
イェラがものすごいいきおいでドアをまわしていて、
数年まえの「六本木ヒルズ森タワー」での事故をおもいだした。
オレも子どものころは回転ドアであそぶのがたのしかったけれど、
いまではこの手のドアの数がへっていそうだし、
もしイェラみたいないたずらっ子があらわれたら、
赤外線センサーで強制停止だ。
つまらない時代だなあ。
最後の列車の場面でフォーグラーは、
ジョン・フォードがなくなったことをつたえる新聞記事をよむ。
一九七三年八月三十一日。
現実世界と連動してことがおこるはこびは、ロードムービーならでは。
本作は、うしなわれゆくアナログな時代精神への愛惜の念がにじみ、
憂鬱な気配もかすかにただよう名作だ。
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03